« 男たちの大和 | トップページ | 南無阿弥陀仏 »

やるなら今しかねぇ

同じアルバムの中に もう一曲泣けるのがあった。

「西新宿のオヤジの唄」

  (途中から)

♪古いか新しいかなんて 間抜けなものたちの言い草だった

俺か俺じゃねえかで ただ命がけだった

酒の飲めないオレに 無理やり徳利傾けて

男なら髪の毛くらい短く切れよって また怒鳴った

西新宿の飲み屋の親父に別れを告げて 

オレは通いなれた路地を いつもよりゆっくりと歩いている

すすけた畳屋の割れたガラスに映っていた 

暮らしにまみれたオレが ひとり映っていた

「やるなら今しかねぇ、やるなら今しかねぇ・・・」

六十六の親父の口癖は 

やるなら今しかねぇ~

 

これは長淵がまだ売れない下積み時代に 通っていた西新宿の飲み屋のオヤジが死んで、出世払いでいいからとめしを食わせてくれたり、男としての生き方を教えてくれたり、

世話になったオヤジへの葬送曲(レクイエム)だ。

古いか新しいかなんて 間抜けなものたちの云い草だった,俺か俺じゃねえかで 唯命懸けだつた・・・・ 

このフレーズが好きで俺自身の人生訓になりそうで この曲が好きになった。  

俺の生き方、オレの死に方でいいのだと思った。 例えばオレなら 周りの者を笑わせながら 冗談云いながら 明るく死んでやろうと思った。 

「やるなら今しかねえ~」・・・いい言葉だね。

オヤジは病気に侵され もう自分には時間がないことを悟って

「やるなら今しかねぇ」が口癖になったと思われるが、

これは 未来のある若者にも通用する言葉だ。

何事も「やるなら今」なのだ、

今日の仕事を 明日に伸ばしてはいけないということだ、

明日があるからこそ、今という瞬間にベストをつくさなければ 

明日になっても最善は尽くせない。

古風な言い方をすれば「刹那を最善に生きよ・・・」

英語にすればTry your best now, for the best tomorrow, 

(自己流英訳・・自信はないが)・・なのである。

彼は この言葉を「座右の銘」として自分を磨き

一流のミュージシャンに成長したのかもしれない。

 

長渕はジーンズにスニーカーで、ギターひとつで路上ライブをしている今頃の音楽好きの若者と同じ部類だったのだろう。

外見は 東京の繁華街をそぞろ歩く軟派でも

心にゃ硬派の血が通う・・・「東京流れ者」だ、

彼の本質は・・・「硬派」だ、

日本人の古風な心を知る 今どき貴重な若者だ。

音楽への情熱が己の生き様だと信じているから 

下積み時代に受けた恩を忘れず、弱いものへの優しさと 

我慢できねぇときには強いものへの反骨もある。

古風な心情を尊重できるから斬新な作詞作曲の才能も磨かれるようになる。

彼はもうおっさんだけど、こういう日本の若者がオレは好きだな。

 

Photo_243

西新宿一丁目 11月の朝

 

義理や人情の話をすると 現代人は“古い”という、

“古い”・・? 古くて上等じゃねぇか、

ピタゴラス・ガリレオ・ニュートン・アインシュタインもフレミングも・・・現代人を進化に導く あらゆる公式・法則・定理・理論は みな古いものだ、

古いものの中に正しいことがあり、それを学ぶのが「学問」というものだ。

それは覆すことのできない ものごとの基本となり永遠の真理になる。

義理人情という「日本人の美徳」も 我々にとって永遠のものだ・・・

それに気づかなければだめだ、

古いことを理解してこそ 初めて未来への道が開けてくる、

今の日本人は“古い・尊い”ことを軽視するから「くらげ」になるのだ。

 

もうすぐクリスマスだけど、日本人ならクリスマスよりも正月だろ、

キリスト信者でもないのに何を大騒ぎするか、

(そういうオレも大騒ぎしてるけどさ・・・)

バレンタインデーなんかは チョコレート会社の販売戦略に乗せられているだけだ、(最近チョコレートもらえなくなったから言うんだけどね・・・)

それから 11月頃にカボチャの提灯みたいなの作って、

ハロウィーンだかなんだか知らねぇが・・・

それを嬉々としてやっている日本人がチャンチャラ可笑しいわ。

 

まぁ・人それぞれだから 何をやろうと自由だけどさ、

日本人ならお正月・節分・節句・彼岸やお盆や郷土のお祭りや・・・、

日本古来の伝統に誇りを持って もっと大切にしなさい・・・と言いたいね。

キリストさんの命日は知らなくてもいいから 

親の命日や 妻や子供の誕生日を忘れてはいけない。

 

そういえば オレがブログに挑戦したのも「やるなら今しかねぇ・・」と思ったからだ。 西新宿のオヤジみたいに 残された時間が少ないような気がしてならねぇからだ。

 

オレのブログのスタイルは評論家だ、

人の詩に点数をつけて ついでに説教がましく能書きたれる

嫌なオヤジになってしまった。

オレも人を泣かせるような詩を書いてみたいけど、

才能がないから なかなかうまくいかない。

人の心は 動かそうとして動くものではない、

やっていることに最善を尽くす姿に 人は心を動かし感動するのかもしれない、

日々誠実であれば いつかは共感してくれる人もいるだろう。

結局、今やれることを 今全力でやるしかねぇんだ・・・

「やるなら今しかねぇ」と思えば、いい仕事が出来るはずだと思って

今やるしかねぇ・・・のかな?

何だか また わけ分かんなくなってきたぜ・・・

|
|

« 男たちの大和 | トップページ | 南無阿弥陀仏 »

好きな詩・好きな言葉」カテゴリの記事

コメント

本日はお疲れ様でございました。

きれいな写真がたくさんあり、楽しく拝見いたしました。今後のいろいろな写真や日記を楽しみにしております。

投稿: 満足院 | 2006年12月11日 (月) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/4469271

この記事へのトラックバック一覧です: やるなら今しかねぇ:

» 長渕剛の楽譜 [長渕剛の楽譜【ギター楽譜などなど】]
長渕剛のギター楽譜は、個人的にはドレミ楽譜出版社の楽譜がお勧めです。見やすいし、なにより原音に忠実です。それから手書き風の引き語りに便利な歌詞つきです。 [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 21時29分

« 男たちの大和 | トップページ | 南無阿弥陀仏 »