« さらば青春の時 | トップページ | 英語にも訛り? »

どげんかせんと

Photo_3

昨年末、ゴルフの「ハニカミ王子」と宮崎県知事東国原さんの「どげんかせんといかん」が流行語大賞に選ばれました。

私の予想では「そんなのカンケェネェ・・・」 かと思っていたが、

お笑いとはいえ パンツ一枚のパフォーマンスだから 子供たちにはウケても 

品格?という点を考慮に入れれば 大賞にはイマイチの評価になったのでしょう

「ハニカミ」と「どげんか・・・」は妥当なところですね。

そこで九州宮崎のことば「どげんかせんといかん」を 他へ行ったらどういう言葉になるか ちょっとだけアレンジしながら想像してみました。  地元の人に満点もらえるかどうかわからないが。

 

どげんか せんといかん・・・が 

◆土佐の坂本龍馬さんだったら

「日本は どげんかせんち いかんぜよ・・・」

◆広島 仁義なき戦いの菅原文太さん

「じゃけ どげんかせな いけんの・・・」

◆元大阪府知事 横山ノックさん

「そらあかんで、えらいこっちゃ! どないしょ~、」

◆名古屋で 赤カブ検事の奥方

「ほんだで おみゃあさん、なんとかしてちょ~よ!」

◆大雪と水害と地震と、苦労の絶えない越後のおばあちゃん

「だっけさ・・・はぇ どぉにかしんきゃ だめらこてさぁ・・」

◆信州安曇野 農協のオッチャン

「そいっぁ どぉにかしねぇと いけねぇだよ」 

◆静岡の農協なら

「そぉずら、どぉかしねぇと いけねぇずら・・・」

◆茨城県会議員

「我がエバラキにも 国のインジョを取るには どうすっぺ・・?」

◆東北 青森・秋田あたりの村長さんになると

「だども、ならば、どおぬかすねばなんねぇ・・・」

◆北海道まで行くと 伝統の浅い開拓地だから標準語にやや近くなり

なんかしねぇと だめだべさ・・・」

 

2008_01010030

2008年1月1日の富士

日本は狭い国なのに 西と東、南と北ではこれだけ言葉が違います。 異口同音というよりもこの場合は異音同意・・そんな熟語はねぇか?

文章にするからなんとか理解できるが その地方独特のアクセントで喋られたら日本人同士でも通じないこともある。

日本は南北に長く季節がある国、夫々の地方に方言や訛りがあるのは 古くからの生活習慣、暑さ寒さの違いもあるから?

例えば 東北は寒いから口を開けずに急いで喋る、暑い南の地方はのんびりとあくびをするような言葉になる・・・。

Photo_5 千両

私は東京生まれの神奈川育ち(ご先祖様は信州だが)、その気になればバリバリの標準語も 江戸弁も使えるけれど“ことば”には訛(ナマリ)があったほうが面白いと思う。

どこへ行っても自らのお国訛りを貫けば それはその人のユニークな個性になる。

自分のように どこの地方の言葉にもある程度合わせてしまうのは 個性の表現に乏しいことになる。

北は礼文島から 南は桜島まで・・、若いころはよく旅をした。

社会人になると 広島に工場のある会社で、東京本社勤務であったが 同僚は広島人が多いから日常会話は広島弁で喋るし、営業で仙台を拠点に十年も東北出張をしたおかげで 訛りの本家?東北弁にも精通してしまった。

でも 津軽弘前あたりで、地元の人同士の会話は 他国言のようにさっぱりわからない。 商談のときは先方が気を遣って ある程度標準語に合わせてくれていたからだ。

津軽で道を尋ねたら「ハズィノフィェナラバ ヌリグレダナッス・・・?」

翻訳すると「八戸までは ここから二里(8キロ)くらいです・・・」である。

関西や九州の人には マンズ ワガラネナ!

Photo_6

バイリンガルとは多国語を話せること、日本では特に英語に精通した人をいうらしいが、オラ外国語は苦手だし、今から勉強しても遅いし・・・、せめて日本語限定バイリンガルならば自信はある。

営業で京都の得意先へ電話すると「おおきに・・・」と挨拶されるあの独特の京言葉、ふんわりと交わされてしまいそうで・・・それなのに腹もたたない。 ところがすぐ隣の大阪弁は せせこましくてアカン! 漫才ならば スピーティで楽しい言葉だが 大阪弁を営業的にまくしたてられると むかつくこともある。

歴史的にみれば 大阪は秀吉や堺商人が拠点としたパワフルな商いと庶民の街、

京都は朝廷と寺院のある雅な伝統の都・・、そういうことが原因なのかもしれない。

そういえば オラ“京ことば”に まだじっくり接したことがない。

これではまだ 日本語のバイリンガルとエラそうなことははいえない。

そうだ! 京都へ行こう!                                       妻とふたりで 京都の旨いもの探して ぶらりお散歩の旅へいこう!             ついでにお寺や街並や 日本文化と伝統をアルバムに沢山残したい!

暖かくなったら なるべく早いうちに「どげんかせんといかん!」

 どないかしゃはらな あきまへんぇ・・かな?

Photo_7

新年おめでとうございます

|
|

« さらば青春の時 | トップページ | 英語にも訛り? »

昭和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/9661690

この記事へのトラックバック一覧です: どげんかせんと:

« さらば青春の時 | トップページ | 英語にも訛り? »