« 徒然に2008 泣き虫の夏(3) | トップページ | 多摩川釣り紀行(1) »

時が流れて・夏の終りに

 8月29日、夜、 大雨が降って雷鳴が轟く。 明け方もドシャ降りの雨、

「ドシャ降り」とは雨が激しく降るという意味だが、本当に土砂が降ったら大変だ。激しい雨の表現に「バケツをひっくり返した・・・云々」というのもあるが、水の入っ たバケツが そのまま降ってきたら 大騒動になる、これは漫画的ギャグ。

昨夜の雷雨はもっとスゴイ、雷神・水神が大暴れだ。

天地が振動するほどのカミナリさんが鳴った。 

昭和の子供は カミナリが鳴るとおへそを隠したね、

異常気象が続いているが 今年は季節に従って天候もまあまあ常識的。

7月・8月、夏は猛烈に暑い、去年と変わらないのは 夏の暑さだけか。

今年の夏は雷雨が多い・・・、カミナリが鳴ると梅雨明けというが、季節の変わり目にカミナリが鳴る?

昨夜のカミナリは超特大猛烈、夏の稲妻 You're Rollin'thunder  だ!

そろそろ夏の終りを告げているのだろうか。 こんなクソ暑い夏は 早く終わってもらいたいよ。 記録的な豪雨が降っても 涼しくならない! 雷雨の音よりも 暑くて眠れないよ。

若い頃は 夏が終るのは寂しいものだった、秋を迎えると ラブソングのような夏の思い出が遠くへ去っていくようで 何となくメランコリーだったのに 夏の終りがこんなにハッピーなのは 初めてだ。

今年の冬は二度も雪が積もった、梅雨時には ちゃんと雨も降った。 季節に合わせて天候もちゃんとしている、順調に変わっている。

Photo

夏が終る・・・やっと終る。 季節はまずまずちゃんと巡っているのに 自分的にはちゃんとしてない大波乱、 大病に倒れてから 時の流れを待ちわびていた。  時間が早く過ぎてほしい、早く明日が来てほしい・・・毎日そればかりだった。  

そして 時が流れた、 大暑、立秋、処暑、白露・・・ 

今は もう秋・・・・嬉しいね~、 ついに夏が終る、待ちに待った秋が来る。 

 ♪カミナリさんはバカなやつだよ おへそを狙う、私なら 三寸下狙う・・・  ソーダソーダ まったくだーよ・・・とんとんトンガラシは辛いね~♪

バカダネー! 酔っ払ってないよ・・・オラはこれで普通だ

肉体の回復と同時に 秋からは 心は少年、ハチャメチャギャグも順調?・・・・オレはえらい!スゴイ!あんなエライめにばかり会って、まだ一回も死んだことがない。  エラそうに今日もちゃんと生きている。 だからエライ! やぶれかぶれだけど、

気持ちいぃー!腸きもちいぃー!                                   これでやっと快復、 身も心も ラッキーandハッピーだ。            みんなアリガトー!

 

最新のお笑いネタ(バカボンパパ目線)

 腸きもちいいー! は、テレビでやっていた。 超を腸に変えるだけでギャグになる。

 今朝スーパーで買い物、鮮魚売り場で 空のトレーが三個並んでる。

中に何も入ってない! 価格表示だけしてある。トレーの価格か? 「本日のお買い得・広告の品・・・」まで書いてある、広告出しても売りたいトレーか?

 何これ?・・・買う人いないね。

③ レジで 若いレジ係りが みかんを持って「これって、何ですか?・・・」隣のレジの先輩に聞いている。  「みかん・・・」、お客さんまで「みかーん・・・!」 バナナには見えない、誰が見たってみかん。  周囲の人たちが皆真面目に答えていた、ウケていたのはオレだけだ、あいつ・アホか?・・・ま・いい、聞くは一時の恥だ。

些細なことで反応して ひとりで「笑い」のツボにハマるのもオラのキャラだ。・・・ならいいけど、ギャグに反応が鋭いのも まだ「病気?」の最中かも。

質問が素朴で単純すぎるのもお笑いになる。 トレーだけ陳列する店も いい度胸してる。買う人はもっとスゴイ。   日常にも 観点を変えるだけで(発想の転換) 笑いのネタはいくらでもある。

Photo

 アメリカ南部ニュー・オリンズにでっかいハリケーンが上陸しそうのニュース、ユキちゃんから避難しているとの知らせ・・・カトリーナより強烈グスタフ、ユキちゃんファミリーの無事を祈ります。  子供の頃は日本の台風にもジェーン台風、キャサリン台風・・とか、アメリカ女性の名前がついていた。  これは戦後のアメリカ文化の影響だね。 現代は台風何号と番号で呼ばれるようになった。  事務的でなんか夢?がないね。 台風も生まれてから消滅するまで 命あるものならば 日本的に五右衛門、桃太郎、義経・・・・など、記憶に残るような命名をしてやりたい。    

|
|

« 徒然に2008 泣き虫の夏(3) | トップページ | 多摩川釣り紀行(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/23350327

この記事へのトラックバック一覧です: 時が流れて・夏の終りに:

« 徒然に2008 泣き虫の夏(3) | トップページ | 多摩川釣り紀行(1) »