« もうすぐ春ですね | トップページ | もうすぐ春ですね (その三) »

もうすぐ春ですね (その二)

2月14日 未明から春の嵐が吹き荒れた、春一番。

午前中には晴天、鶴見川の土手で お弁当、暑いくらいの春の陽射しの中に菜の花が咲いている。 小田原では27℃の真夏日、 今年も夏が暑い・・・!

Photo_2 東横線、学生時代、横浜へ行くには東横線だった。 この遥か下流が横浜港、横浜スタジアムがある。 当時は平和球場と呼ばれるローカル球場だった、何度か野球をやりに行った。 ベイスターズの本拠地は川崎だったから まさかプロの球場になるとは・・・?  景色を見ただけでも青春の想い出は果てしない。

タイムマシンがあれば 戻りたい・・・18の夏がいいな♪ 和田あきこのリズム&ブルース・・・好きだな、オレだったら二十歳の夏に戻ってみたいな、この川の先にある横浜港が見える場所へ数分でいいから 戻れたらいいな(^.^)・・・昭和の青春は 誰でも想い出の時と場所があるのだ。 子供の頃は未来へ行ってみたかったが 昔へ戻ってみたいと思うのは 年を重ねると誰でも同じなのだろう。      

2月15日、大病から丁度一年、子たちとお誕生会、鉄板焼き。  良かったね❤ ついにこのときを迎えた。

あの時逝っていたら 一周忌?!・・・あの時生まれたとすれば復活祭だ。 

モンジャ焼き、脂に肉が浮いてるくらい脂っこいのは若者向けで、年寄りにはチョイ苦手だったが、生ビールをジョツキで飲めたし、大威張りで呑み喰いしてるとは・・・シンジラレナーイ・・・、

Photo Photo_2

去年の今日は手術の日、大変だった・・・子たちが思い出を語る。 ちょっとしんみりしてしまった。  

手術が終るまで約五時間・・・麻酔が効くまで一時間、醒めるのに一時間、その間待つ家族は辛い、麻酔効かないうちに大工の源さん呼んでさっさとやればよかったのに?・・・オイオイ・・ちょっと待ってよ、そりゃねえよ!・・・いくらデンジャラス&ミラクルオヤジでも のこぎりで切られたら痛くて死ぬよ、    ICUでは モニターに写るグラフのラインが Pi・ Pi・Pi・Pi・PiPiPi、ツー・・・?・で、リズムと山がなくなって直線になると ご臨終です・・! 映画でよくある場面、 ツー・・・となって大騒ぎ、半狂乱で先生を呼びに走るのは担当の看護婦さん①②だった・・・

「アレ?!・・・また切れた・・・」身内は冷静に見物だった・・・? マジかよ、そのまま逝ってたら オレの人生 なんだったのか? おまえらお線香の用意してたんじゃないだろな!   一年経ってバカ話できるのだから結論としては ❤ 良かったねー❤ になるが 今ここで 平気な顔して能書きたれながら肉食って酒呑んでるところがエライ! 不良オヤジは 長生きするのジャ!  

本人はひとつも大変じゃなかったよ!?  苦痛や努力がなくても復活する人もいる。 命の危うさ、命の強さ、人の優しさの中で生きることの幸せを充分に味わった。 オレだって怠けていたわけではない、自分として辛かったのは 肉体の苦痛より 鍛錬するほど過去を振り返る心の弱さに苦悩する暑い夏があった。 でも大丈夫! なんとかなるよ、気楽に行こう、アタマの中身を空にして また新しい情報をインプットする、その繰り返しがいいらしい。  昔の思い出が抜けないと頭が満員になる? アホが更にアホになる。  

今年はチョコもソコソコ集まり バースデープレゼントもゲットした。

今までで この一年ほど激動はなかった、自分だけでなく周りも巻き込んでいた。

この一年間ほどよく歩き よく笑い よく泣いたのも初めてだ、演歌が心に沁みて泣けて泣けて・・・、

辛いときには泣けばいい、嬉しいときには笑えばいい・・・

だってそれが一番自然だから(^.^)

居酒屋のトイレの壁に貼ってある言葉、いいこと言う、ちょっと感動。

トイレ我慢してはいけないよ・・・ということだ。

オレは変わったか? 言いたいこと言えるようになった、イヤ何も変わっていない、思いのままに言動するのは同じだ、それが極端になっただけ、不良オヤジが本格的になっただけ・・・全員に反論される。

これからです、呑気に 春一番の風に揺れる菜の花のように 自然に生きていこうよ。

もうすぐ3月、春を見つけに出かけよう。  せっかく神様から まだ来ないでいいよとご褒美で三途の川から戻されたいのち・・・大切にしよう。

Photo

救急病院へ搬送された人の八割は快復する、残る二割は どんな最新設備と名医が対応しても寿命の尽きた人だ・・・、大病で苦悩する人たちに伝えたい情報だ。

今現在 生きているなら確率の高い部類に入る、寿命がある人だ、心配要らない、闘わなくてもいい、明るく人生を楽しんで行こうよ・・・ 長野の鎌田先生ならこういうだろうネ (^.^)

「今を治すのでなく 患者の未来まで診たいから 今燃えてます。 絶対に治ります、私を信じてくれる人を裏切るわけにはいかない・・・」先日テレビで観た・・・上山先生、旭川にも素晴らしい先生がいる。   

2009_02170032

2月17日 通販で注文した鯨大和煮缶詰が届いた、昔懐かしの味・・・、鯨だ~!

昭和の子供たちは これで育った。  オラの中学校弁当のおかずは これだ、タラコ・卵焼き、海苔だった。  弁当のごはんの上に一面にしらす干しを敷いた子もいた。 梅干一個日の丸弁当の子もいた。  現代は鯨の肉が食えない時代になった。  ずっと前からオレは鯨が食いたいよ・・・と、騒いでいた、小さな望みがまたひとつ叶った、今年は春からラッキー&ハッピー❤☆◎!    味・匂いが 遠い昔の記憶につながることもある。  今夜もまた これで一献やりましょう。  ガキの頃のように 毎日いやというほど 鯨が食える地球環境になればいいねー。    昭和に育ってきた世代は 誰でも「食」、食の憧れ?と共に歩いてきたような気がする。  ガキの頃は肉が喰いたかった、学生時代はキャンプのカレーライスに使ったコーンビーフの匂いと味が忘れ得ぬ青春、憧れの味(本当は女が食いたかったが)湘南の海で獲った生ウニ、八戸の居酒屋で出てきた大盛りのイカ刺身、北陸の甘エビ、ホタルイカ・・etc. 旨いものはいくらでもあった(B級グルメだけど)、 大人になってからは どこの何?が旨い、ではなくて 旨いものとは「時期のものを本場で食う・・・」と定義したものだった。  あの頃簡単に喰っていたものが今では皆高級品になってしまった・・・てことは・・・、昭和は悪い時代ではなかった?!

読者様へ  前回2月13日の記事「もうすぐ春ですね」のコメントが一部消えてしまった、(管理ページで オラがPC操作のミス・・・)失礼致しました、せっかくコメントくれたのに・・・ゴメンネ!

  

    

|
|

« もうすぐ春ですね | トップページ | もうすぐ春ですね (その三) »

横浜ベイサイドストーリー」カテゴリの記事

コメント

うーん。やはり投稿者の名前がフルネームで本名はネット上ではなかなか見ないですね。

投稿: バイク野郎 | 2009年3月 6日 (金) 08時49分

この画像見ていたらもんじゃ焼きが食べたくなってしまった・・・。 どうですか?今度はお好み焼き・もんじゃとか。泉岳寺駅にあるのですよ。

投稿: バイク野郎 | 2009年3月 6日 (金) 08時45分

菜の花・・いいですねー(^.^) 春は菜の花の景色が大好き・・・! 雑草が多すぎてカメラが精密で 白内障手術して良くなった目みたいに 見えないで良いものまで 見えてしまう?? あまり良い写真になりませんでした。 一面の菜の花にしたいですね。 今年も頑張って植えてください、お手伝い行きます。

投稿: myway | 2009年2月21日 (土) 04時44分

ありがとう、 ダイジョブダー・・・・
また行こうぜ、 あの鯨はめだかくじら一頭分だよ、 今度来たとき 喰ってみなはれ 

投稿: myway | 2009年2月18日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/28120332

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ春ですね (その二):

« もうすぐ春ですね | トップページ | もうすぐ春ですね (その三) »