« コスモス | トップページ | 雨ニモマケズ風ニモマケズ »

寺山修司さんの言葉

山と緑に囲まれた公園があった。 森林公園、野球の子供たちには庭のようなもの、 尾瀬に似た湿原で 多摩丘陵の自然を観察できる公園である。

噴水の池には鯉が泳ぎ、細い小川が何本も流れる。

Photo   

10月中旬、秋晴れの日曜日、急に行ってみたくなった。 またウルウルきたらみっともない、対策にサングラスを携行して。

横浜へ引越しする前日、家の水槽に飼っていた金魚を運んで このせせらぎに放した。 少年野球に明け暮れていた頃、突然大病に倒れ 死に損なってから数年後である。 泳いでゆく魚たちを見送り 元気でねー、大きく育ってねー、子供たちの姿を見るような心境になった。  野球との決別、思い出との決別だった。 お別れ会はしない、子供たちとお別れ会なんかしたら 彼等より先にこっちが泣いてしまう、 子供たちに涙は見せられない、彼等の涙も見たくない、 手がつけられないほど大騒ぎになる。 

そのくせアルコール分の摂取できる大人たちのお別れ宴会は あちこちへせっせと出向いて 懲りない不良オヤジであった。 みんなゴメンナ、苦しい練習ばかりさせてしまった。  もう誰も助けてくれないが ここは狭い金魚鉢ではない、無限に広がる自由な世界だ、自分の餌を自分で探せ、自由に生きて育ってほしい・・・と金魚たちに子供の姿をダブらせて・・・人生の区切り、一つの青春との別れ・・・監督がそんな感情に浸るようだから 栄冠に縁がなかったのだ。 

少年野球の指導をしてみたい、監督をやってみたい、若いころの夢が実現した、自分なりに納得したチーム造りができた。 この森は、中年になってもまだ腕白たちのガキ大将で大暴れできた森であった。    

Photo_8  

 毎年毎年子供たちとは 卒業という「別れ」を繰り返して、ついに自分が別れてゆくときを迎えた。 「いい日旅立ち」が 淡く切ない思い出に代わってしまった。 あれから20年、再び生死の境を彷徨う大病に遭遇するとは まるで想定外だったよ。 あれから20年、ふるさとの景色を眺めるような感情に動かされて 思い出いっぱいの懐かしい森を散歩しにくるとは・・・ここがオレの「ふるさと」だから。

Photo_4 ザリガニ釣り、スルメいかでマッカチンが釣れるよ

寺山修司の詩「ふるさととは 所詮家出少年の定期入れの中の一枚の風景写真のようなものだ・・」

寺山さんの詩が好きだ。  競馬をロマンと思うようになったのも彼の影響である。 

寺山さんの詩は、どこか哀しい言葉でも 明るく前を向いて歩きたくなる。 呑む・打つ・買う・・・酒を愛し、女を愛し、競馬を愛した詩人である。 不良性に美学を求める?敗者の美学という論評もあるが、オラは単に呑ん兵衛のシモネタ爺かもしれないが 同じような不良オヤジだから ネタの無いときは寺山さんの言葉を拝借して 同じ美学に浸ってみたくなる。

Photo_2Photo_3 この階段登ると森の上には 狂ったように練習したグランドがある、 

     美というものは 本来、何かを欠いたものです。 完全な合理主義からは 美はおろかドラマも生まれてはきません。

★ 私は競馬場の抒情詩的な広さが苦手だ、(中略) あの健康さは 病み上がりの私には眩しすぎるものだったのである。

     なぜ賭けるかといえば じぶんの運を知るためである。 

森林公園というふるさとは 一枚の風景写真のようなものだった、紅葉にはまだちと早かったが森の景色は変わっていない。  20年ぶりの「ふるさと」へぶらりと立ち寄ることができた、お蔭様で何でもできる、出来ないのは棒高跳びくらいなものだ。 ある日突然電車に乗って、バスに乗って、どこでもいける、気弱で寂しい去年の秋に比べたらこんなに元気になった。 身も心も、健康の有難さ、命の尊さを実感している。 野球の少年たち、友人たち、金魚たち、ふるさとの森、みんなに「ありがとう」を云いたい。 感謝・感謝の一日でありました。

Photo_5  

 

|
|

« コスモス | トップページ | 雨ニモマケズ風ニモマケズ »

好きな詩・好きな言葉」カテゴリの記事

コメント

posiさんも行ったことあったか。  東名に近いよ。  なかなかいいとこでしょ。 春はお花見、夏はスイレンが咲く、 貴重な植物が自生している県立公園です。
川崎にもまだ 古代の自然が残されていた。 一度行ってみますか、ここならお酒もご法度じゃないし。 

投稿: myway | 2009年10月23日 (金) 04時57分

森林公園か

多分オラもひーちゃんと行った事がある

何だか不思議なスペースだったな

近くを東名高速が走っていたよね
違うかな?

投稿: ポジ | 2009年10月22日 (木) 22時45分

コメントありがとー。 あの森は 懐かしいべ。 あのへんの街は変ってなかったよ、古代広場とグランドがあったところは 次の機会に行ってみる。 あじさい寺、長尾橋の釣堀、民家園あたりも 行ってみますか。

投稿: myway | 2009年10月21日 (水) 15時39分

森林公園は俺にとっても、とても思い出深い場所です。
写真を見てとても懐かしくなりました。忘れかけていた
いろんな事を思い出しました。ありがとう…

投稿: 164 | 2009年10月21日 (水) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/31843484

この記事へのトラックバック一覧です: 寺山修司さんの言葉:

« コスモス | トップページ | 雨ニモマケズ風ニモマケズ »