«  ありがとう(1)  | トップページ | 結局 自分に惚れている »

ありがとう PART.2

お日様は夕方になると 自分のお家に帰るので 

そのときに きれいなオレンジ色の 手紙をみんなにくばるのです

だから ゆうやけができたのです

その手紙には 「またあした 元気に会おうね」 と書いてあります

だから みんなは お日様が大好きです 

 これは 図書館で読んだこどもたちの詩集にあった 三年生の詩です。

 オラが選んだ大賞(グランプリ)です。  

ある画家

山の写生を おえると その画家は 山に ていねいに おじぎした

湖のむこうの山に きちんと ぼうしをとって

わたしは 生まれてから 人々のあいだにいて 気づかないまま

なんかいの ありがとうを いわずに きてしまっただろう

こどもの詩に教えられるような気がした。

釣りにいって帰るとき 川にむかって 帽子をとっておじぎしたこともあった。オラずうっと前から これをやっていたから ノープロブレム! OK牧場だな。

50代の後半、町田のスポーツクラブへ通って、プールで泳いだあと水中歩行教室、トレーニングのあとは サウナ、サロンでおにぎりと缶ビール、それが楽しみで 同じ年頃のビール腹のおじさんと仲良しになった、 オラも彼も インストラクターのネエちゃんと一緒にジャグジーのお風呂入るのが楽しみな 不良おやじだった。 「運動しても これじゃ 腹凹まないよなー」と笑いあっていた。  町田から横浜へ引越す前、最後の土曜日、プールに向かって帽子をとって おじぎをしてきた。 楽しいことをさせてもらって「ありがとう」、淋しさと感謝の気持ちで その日は いつもより余計にビールをのんだ。   

これなら 画家の詩を書いた子に ほめられるかもしれない。

野球の試合もはじまりと終りのときに 両チームが整列して 帽子とって挨拶する、勝たせてくれてありがとう、負かせてくれてありがとう、

本当は負けたときのほうが勉強になるんだよ、自分たちの悪いところを教えてくれるから・・・だから今度は そこを治そうと思って努力するから 強くなれるんだよ。  負けた試合のあと 悔し紛れに 子供たちに そんなこと云って慰めて 翌日からまた狂ったように練習した。

強力なライバルチームのバッテリーとうちのバッテリーが 親友になって よく遊んでいた。  互いに相手の力を認めあうから 友達になれるのです。

Photo

夕陽にむかって「ありがとう」するのも良いことだと思った。 紅白見てから「初日の出」拝みに高いところへ登ったり 海へ行って 寒い寒いと震えるより ずっと意味が深いよ。 早起きしたことない人に限って初日の出を見たがる、お日様は一個しかない、毎日出るのにな。  

今日も一日 元気で過ごせた、今年も一年 お日様は みんなを照らしてくれた。

今年も元気で 年の暮れを迎えることができる、大晦日に夕焼けが見えたら「ありがとう」を云ってみようと思います。

読者様へ ブログまだ続いている、更新記事数は217件になったよ。 大きな病気をしてから 涙のテーマになったり シモネタで脱線したり 今年も色々あってお騒がせしましたが ノープロブレム アイムファイン❤だから(^.^) 来年もまた懲りずに不良オヤジのブログ遊びにきてください、今年も一年間お疲れ様でした、本当にありがとう。 お正月は美味しいもの食べて ゆっくり充電しましょう。  不景気に負けず みんな頑張ったから 来年もきっと いいことあるよ、どうぞ良い年をお迎え下さい。  風邪ひかないように 健康で幸せな年になりますように。   MYWAYブログも同じスタイルで 脱線しながらいくからね。 ]

      No problem, I am myway oyaji

And more much more than this, I did it My Way      

          

 

|
|

«  ありがとう(1)  | トップページ | 結局 自分に惚れている »

オレ流少年野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/32638521

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう PART.2:

«  ありがとう(1)  | トップページ | 結局 自分に惚れている »