« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

すこやかに うつくしく

笑うしかない

この頃は杖を持ち歩いてる・・・・。 バレンタインデーのプレゼント!?

脚が痛い、メッチャ痛いから・・・ついに「杖」とは情けない。 オラどちらか云えばチョコのほうがいいが 爺さんに杖なら不自然ではないから 有難く使わせてもらいました・・最近素直になったから。

地元では 「アレ! どーしました? 杖!?カッコイイ・・ですね」・・みんなに言われる。格好よくないよ、カッコ悪いんだよと粋がってはいるが 本当は痛いのです。 このまま死にそうに痛いのです。   坐骨神経痛・・・。 また病気のレパートリーが増えてしまった。 苦痛と共に歩む人生?? 腰痛・膝痛・いぼ痔・切れ痔・魚の目・水虫・ ・まだまだあるがエラそうに公開することでもないからやめとくが 何故かいつでも下半身に紛争抱えて?・・しかもまだ 一回も死んだことないから凄いです!? 下半身トラブルとの付き合い長いからめったに死なないよ、足の一本くらい生えてくるかもしれないよ(結局シモネタだけどな)

神経痛というのは ガキの頃には近所のお爺ちゃんお婆ちゃんからよく聞いていた、昔の病気かと思っていた。  命に別状ないから 大丈夫、オラはミラクルおやじだから。  死にそうな病気の時に痛みを自覚しなかったから ちゃんと帳尻合わせて・・この度は もう笑っちゃうほど痛む。  大病から2年が過ぎた、歩けることの喜びに感動し おだてりゃ木に登る勢いで身体を鍛えまくった。 バカがバカになりたくないと燃えるところがバカなのだ、死んでもバカにだけはなりたくねぇ、オレが死んでも社会に何の影響もないが ならば命を賭けても勝負してやる、「いのち」とは 拾ったり賭けたり預けたりするものではないけどな。

意地と根性で病気と勝負しているつもりだった。  懲りないオヤジだから 痛みが治まったら また勝負するけどな。

病院のロビーには雛人形七段飾りがあった、日本的で癒されるね。 昭和の女の子は小さい頃 皆おひな様に心ときめかせたのです。

1

「すこやかに うつくしく」桃の花のそばに素敵なメッセージが飾られていた。 日本の美しい四季、優しい心が感じられる。 

健やか、健康であることが美しい、基本的なことである。 病気の肉体は美しくない、痛いのは身体の勝手だ、心まで痛いのはよくないよ。 いつも笑顔なら健やかに美しくなれるでしょ・・・痛みと闘うと 怖い顔になるから、笑っちゃうほうがいいのかもしれない。

バンクーバーオリンピック 昨日は浅田真央ちゃん キムヨナに負けた、悔しいと泣いた。 

   

今どきはスポーツ選手の涙をよく見る、朝青龍まで引退会見でホロリときてた。   あれにはオラも貰い泣きしたな、

大体「品格」て何なの? 格闘技に勝ってガッツポーズしたらいけないの?    久々に凄い横綱だったのに 伝統に閉め出されて、カワイソーだよ。     

ヤンチャな朝青龍、好きだったね、彼のようなユニークな横綱が増えれば 将来相撲がオリンピック種目に発展することもある。 

子供のころから殴り合いぶつかり合うヤンチャなヤツは 人を痛め自分も負けたり痛い経験するから 人の痛みが分かる心優しい大人になるんだよ、         

ヤンチャは悪い子と限らない、痛みを知らない良い子が悪い子のこともある。 

彼が大暴れできる環境を作って大横綱になれば相撲のレベルも全体的に上がる。 小錦がいなくなって相撲がつまらなくなった時と同じだよ。 国技を閉鎖的伝統文化にしてはいけないよ、お正月、節分、雛祭り、優しい伝統文化を持つ日本の ここがおかしいよ、こんなんだから五輪招致も東京が落選してブラジルに負けるのよ。 南米やアフリカに勝てないのはサッカーだけでいい。

日本もおかしいけれど 日本人の誇りを忘れてはいけないね。 

◆南米チリで大地震、津波が太平洋を越えてやってきた、地震の後チリの被災地では略奪騒ぎでメチャクチャだ、なにやってんだよ、 阪神大震災の時 日本では略奪事件なんてない、みんなで助けようとする、ここが日本民族の偉いところだ、レベルが全然違うよ。 金メダル取れなくたっていいよ、世界一優しい日本人だ、オリンピック楽しんでくればいいよ。(いつもバカ云ってるから、たまにはグローバルな発言もしないとな we are the world, we are the children ・・だからな)         

真央ちゃん、美姫ちゃん、上村愛子ちゃんも みんなオリンピック行くほど大成功した人だ、泣くこたねえよ、充分健やかで美しいよ。  美姫ちゃんは転ぶところがかわいいじゃん、あのひ弱な部分が女の子らしくていい、ルックスも含めて「女の色気」があるから金メダルだな、オレにジャッヂさせたら どーなっても知らないぞ、技量よりも美貌を基準にするからな。  

甲子園で負けた子たちが泣くのも筋が違う、甲子園行けただけでも最高の幸せなのにな。 

本人の気持ちを解らずに 周りが騒ぎすぎだよ、次は笑顔でやれば勝てるよ、オラがコーチなら そういうこと教えたい。 

皆 若く健康で美しい・・・今が最高の時だと思って笑顔でいてほしい。  

桃の節句、桜ももうすぐですね、 健やかであることが美しい、

オラもあちこち痛いけど 日々冗談云いながらのんびりいくよ・・・いつもすこやかに・うつくしく ありたいと思うのであります。

2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »