« すこやかに うつくしく | トップページ | 多摩川の新撰組 »

春爛漫・三度目の春に

我が家のルーツ 信州松本の市街を流れる女鳥羽川、青山神社辺りからこの流れに沿ってレトロな町並がある(クラシック通り?)、  もう四年も前の初夏だった、すすき川で釣ったばかりの魚を持って 北アルプスの夕陽を眺め あがたの森を抜け 川沿いの道を歩いたな。

酔っ払い兄弟が下町風の路地をブラブラ歩いた。 土産物店、民芸品、蜂蜜、馬肉、わさび漬けの専門店、小さな飲食店が多く下駄で歩くのが似合う気軽な町並、若い芸術家が集まってきそうなクラシックな町だけど あばずれてはいない。 どこかに気品を漂わせる、白い壁、格子戸、土蔵に縁台、風鈴、コーヒーの香り、 昭和のロマンを感じる、小京都とは こういう町並のことである。  この街にはパチンコ屋はない、ハンバーガーショップもラーメン屋もない、路上のゴミを散らかすカラスもいない。 演歌よりもシャンソンが似合いそうな雰囲気の町である。

望郷は抜きにして こんな町なら何度でも歩いてみたいな、

♪好きだとも言えずに 歩く川のほとり 

往き交うひとに なぜか目を伏せながら 心は燃えてゆく・・・♪ 

小柳るみ子「私の城下町」はどこか? オラにはこの松本城下のような気がしてきた。  

空気がきれい、水がきれい、お洒落でロマンチックなこの町並が オラ好きだな。

Photo

また行ってみたいところはまだある。  多摩川の関戸橋の上流、浅川と合流する辺りに絶好のポイントがある、釣り人の企業秘密だけどな。  

アメリカ テキサス州サン・アントニオ市街には「アラモ砦」の遺跡があるという、デビー・クロケットの墓もある、アリゾナ州ツームストンOK牧場、・・・・?  テキサスもアリゾナも埃っぽいだろうと思うけど 本当に行ったら感動するだべな。  

デジャブー「既視感」「既視体験」とか、オカルト的ではないけれど 行ったこともないのに景色が想像できるような地は色々ある。 そのどこにも皆連想させる歌がある。  きりがないから別の機会に小出しにするか。

クラシックな町を歩いて 次の日川中島へ行けたのが06年、翌年はちびっ子キャンプ、病気する前だったし 楽しかったな、ブログに思い出のアルバムが沢山できたから 病も捨てたものではない。 

オレ流名言  過去を忘れられないのは心の弱さ、過去を忘れ去る人は心の強い人だが 記憶にないならアタマが弱いからだ。  ②夢は大きなほうがよいが小さな夢が叶うほうが喜びが大きい ③恋に落ちるのは重力のせいではない、万有引力も関係ない(アインシュタイン・ニュートンと合作)   

大病を経験してから三度目の春を迎えた、色々あったが ま・いいか、いつも笑ってこれたのだから、それなりに幸せだからな。 考え方がダイナミックになった、いい歳して 行きたいところが沢山あるのは幸せなことだろう、 宇宙旅行・・まで夢みたら小学生の作文になるから・・そこまで大袈裟にしないけど。

Photo

22日、横浜の桜も開花しました。

桃が満開になった、昨日の暴風にも負けず 春爛漫である。   

|
|

« すこやかに うつくしく | トップページ | 多摩川の新撰組 »

こんなのが好き これキライ」カテゴリの記事

コメント

いつになく評価頂きましてありがとう。
たまには甘~いスウィーツも食べたいからね。

投稿: myway | 2010年3月25日 (木) 04時24分

いつになく穏やかな内容でよかったと思います。
長過ぎず、下ネタもなくスマートだね。
お体大事にしてください。

投稿: 164 | 2010年3月24日 (水) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/33881678

この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫・三度目の春に:

« すこやかに うつくしく | トップページ | 多摩川の新撰組 »