« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

たけのこ

筍の季節になると冬眠から覚めた熊のように? じっとしてられない、行動的になるのは暖かく爽やかな陽気のせいでしょうか? 森の道を歩くと 野鳥の鳴き声が春を謳歌するように響き亘る、毎年のことなのです、こだまでしょうか、いいえ・ばかですから・・・・!

◆川崎時代、娘が嫁に行ったあと、妻と二人だけの暮らしになった頃、五月の連休に ある朝テレビで亀戸天神の藤の花が満開になっているのを見て、  行ってみようか? と即断即決、一時間後すぐに出発した。 川崎の北部から 亀戸まで よくあんな遠いところまで行ったもんだと 今思えば 驚異的な行動力、パワーであった。  実際は藤の花を観賞するよりも 人の数と池に亀の数が多かったくらいしか憶えてない。  夕方帰宅してから晩御飯のおかずには 筍の煮物が美味しかった。

Photo  

◆横浜へ引越ししてから 最初に多摩川へ釣りに行ったのも 五月初旬、青葉台から電車に乗って 二子橋の下流でやまべを狙ったが 天気は良いが風が強くて その日はまるで釣れない、魚協のオヤジがきて 立ち話、まだ夏場のやまべには 時期が早い、六月からだよ、今は風も強い、竿が振りにくいでしょ、平瀬川の合流するところなら 昨日魚が跳ねていたよ・・・・と、ポイントの情報を貰って、 よーし、次はそこでやってみようと次回の釣行にファイトを燃やしていた。  その日は鯉の当たりで仕掛けが壊れて 釣果ゼロであった。  名人としては情けない一日だったが 晩の筍ごはんが やけに美味しかった。 

         町田の山奥にいたときは 四月下旬になると 朝早くから長靴はいてスコップ持って、 前の竹林へ 筍堀りに行った、いつも二十本くらいは収穫があった、連休は毎朝行った、楽しい労働であった。  採りたては新鮮で旨い、

当分の間 筍のメニューが続いて下痢するほど食った日もあった。

筍は 竹冠に旬シュンと書く、 初夏には旬の代表格である。

オラは この筍が好き、 筍には 明日は1m、明後日は3m、グングン伸びて やがて天まで届く大木に成長するパワーがある、若さがある、未来を感じさせる夢がある。 

川崎高津から向丘、玉川学園・横浜、何度か移り住んだ家の近所には どこも必ず竹林があった。 個人情報丸出しだけどな、 神奈川東部は 多摩丘稜、地質学的には関東ローム層の粘土質で構成された地帯である。 植物には過酷な環境であるが そこで繁殖する竹には用土を選ばぬ雑草並の逞しさがあるからだ。  

 ナーンチャッテ、オレ・地理・歴史が好き、社会科得意だったんだよ。筍の味と香りは 今まで暮らしてきた色々な処で 良くも悪くも 思い出が一杯の食材なのである。 竹が好きなのはパンダだけではない、人間は葉っぱは食わないけどね。 

竹やぶにたけのこの穂先が伸びているのを見つけると幸せ気分になるのは 筍に思い出が沢山あるから。  

痛いだの辛いだのと言いながら オレはまだ生きている。 負けてたまるか・死んでたまるか,ここで死んだら オレは何しにこの街まで来たのか? 病気と勝負するためだったのか? 何やってだ、なんてバカな?〔fool such as I〕涙こぼれて情けないから 上を向いて歩こう、下は葉っぱのウッドチップコースだ, ウンコ踏まなければいい。 時間の経過とともに 不思議なほどの幸運に恵まれたことが嬉しい、筍のことだけでも こんなにメモリーがあっていいのか? こんなにナイーブなバカでいいのか?  

楽に逝けるなら死んだほうがマシ・・? やぶれかぶれはやめよう。 せっかく娑婆にいるのだからついででいいから寿命まで? 娑婆と付き合うのも楽しいかもしれない、人生はゲームだ〔マザーテレサ〕、バカにも多少の学習能力あれば、 これなら説得力あるだろ。

バカになりたくないと思って 歩き続けたのはいいが さっき食べた朝ごはん 何を食ったか憶えてるのか?

腰痛予防のために今年は減量しよう、 食事制限してスマートになろう、筍なら低カロリーだから いいだろ・・と、チョコレートかじりながら 決心してる・・・・?

知人とすれ違って・・・・こんにちわ、今日は暖かくていいですね・・・・、愛想よく挨拶交わして、・・・アレ? 今のは?誰だっけ?  しっかりしろよ・バカヤロ・何やってんだオレは。  このくらいのバカならいいかな・・? と、妥協するから バカかもしれない・・・・?

お散歩コースには ハナミズキが満開になりました、垣根のツツジも咲いている、野生のポピー、花ショウブ、藤棚もそろそろです。

Photo_3 Photo_5

山が明るい緑色になってきた。  アジサイの新芽も大きくなって

もう初夏ですね。 この辺は地震は怖いけど津波の心配は要らないから 夏の緑は伸び伸びと育ちます。  ところで 昨日から 筍の煮物と天ぷら食べてるが 京風に筍のお刺身作りに挑戦してみたい。  新鮮だから今のうちなら美味しいでしょ。

日差しの眩しい晴天は 暑いくらいになった。  今年の夏も また猛暑の予感? 大震災で日本中が試練の時、お花見やお祭りの自粛、悲しい人がいるときに楽しい事を辛抱する人・・・、元気つけようと明るく励ます人もいる、節電に協力するくらいは仕方ないとしても 云わせてもらえば 何から何まで自粛ムードばかりでは暗くなるよ、冷静は日本人の美徳か? これだから現代日本人がイマイチ弱いのだ。 たまには狼狽したって 泣いたっていいじゃないか。 確かにお葬式で笑う人はいないけれど、 負けてたまるか・・と、上を向いて 明日を見ながら みんな頑張ろうね、日本人は一人じゃない、寂しさに涙するのは・オマエだけじゃネエ、 泣き虫でバカやりながらハッピーやってるバカもいる、なんとかなるさ、明るい緑の季節がきっと来る。 今日は泣いても 明日笑顔になる勇気があればいい。 前回から言ってるでしょ。

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

こだまでしょうか/PART・2

◆こだまでしょうか  自叙伝・恋愛論・於北酒場

 

呑む?っていうから  呑むっていう

チーズたべる?っていうから  たべるっていう

寝る・?っていうと  ダメ・今日はお客様なの ていうから

僕もダメ 今日は生理なの 痔が痛いのっていうと

バカ・・って大笑いしてから お名刺頂戴っていうから

ダメ、勘違いするでしょ

モテるかと思っちゃうでしょ っていうと

お上手ね あたしのお名刺もらってね ていうから

いらないよ 美人の名前は忘れないからっていう

またまた お若いのにお上手ねえっていうから 

またまたって?  あなたはマタが好きなのか?

または まだまだだよ オレのはタマタマだよ 

上手になりたいよっていうと また大笑いして 

お部屋まで遊びに行ってもいい?ていうから 

まってるよっていう

そして宿に戻ってからお財布みて 寂しくなって

若いのに口説かれ上手ないいこ〔女〕だった 

北の酒場通りだったな なんて思い出したりしながら 

この部屋まで遊びにきたら?がんばろう なんて思いながら 

お風呂に入って尻を温める

呑みすぎたかな? なぜか今夜は 痔が痛い

そうすると 妻の顔が一瞬うかぶから 

妻にやさしくしよう 痔を早く治して また仕事頑張ろうと

自分に気合いれながら アノコがくるのを期待している

そうして翌日は朝から 痔のくすりを買いに行くと

薬屋さんがアノコだったから びっくりしたが

コノ女には夜と昼の顔がある こういう芸等は女にしかできないなと 女性のしたたかさを見せ付けられた、やられた・ちっきしょー、 逆転タイムリー打たれたって・・感じかな?  ま・いいか・かわいいから。

働き者だね 若いのにしっかりしてるねって 

まだゴマすってる自分も したたかかっていうか いい加減かもしれないが

女を警戒する男にはなりたくないよ  

女が口説かれ上手なら 男も振られ上手になりたいよ  

心を傷つけない恋なら 何度でもしたほうがいい、

泣かされたって 振られたっていいじゃないか、泣くほうが思い出に残る、傷つけた方はそれに気がつかないから傷つけてしまうのだけどな。 振られ上手なら傷つかないからいい・・・

軟膏と飲み薬の説明してから ・・ 昨夜はごめんなさいね 

生理?のこと先にに云ってくれれば 

あんなにお酒勧めなかったのに って、悲しい顔でいうから

大丈夫だよ 今度から水割りやめて ミルクにするよっていうと

手の平で自分の胸隠しながら またまたお上手なんだから これはウチの旦那専用ですっていうから また・またまたかよ? 

マタは下手だからって 昨日から言ってるでしょ  だからお薬買いにきてるんでしょ・・ていうと また大笑いして 

また来月もお寄りくださいね、東京の人って楽しい、ありがとうございました。 笑いながらお別れする。

◆余談・脱線、

教訓・紳士の条件、 ①酒の達人になること ②女あしらいが上手になること・・・若いうちからこれではいけない、中年・熟年世代でこの二項目の免許取得者になるのを目標に、若いうちに練磨する、ヤンチャも失敗も練磨のうちである。  女の場合は?・・口説かれ上手・おだて上手、男の扱いに熟達することである。 但し 女は定年が早い、精々アラフォーくらいまで・・・? キレイなうちが花です、婆さんに惚れられても男は嬉しくない、女に言わせりゃ・爺さんに口説かれても嬉しくない、結局、恋にときめくのが花の時期、生殖能力あるキレイなとき、これいうと また身もフタもないけどな、男と女は どっちもどっち、五分と五分です、ただでさえ問題発言多くて女性読者に評判悪いけど、オレ・いいんだ・・マスターズだから パーで充分、口だけ達者の天然扱いされて満足だから、ホントに天然かも? 開き直ってませんよ、  中・熟年紳士は誰でもヤングの味方です。

◆またまた・・の続き、

そうしてあとになって あの頃はどんなに忙しくても平気、

若いっていいな 心配は女房のご機嫌と痔の痛さだけだから しあわせだな、 いいえ しわよせかなって思う。

みちのくの夜の酒場通りでは またっていうと またまたって返事がくる? 

こだまでしょうか いいえ おいらの場合、 ずーと昔、大船渡の港町、酒場の話

★オレ出張に出てこんなことばかりやってたわけじゃないよ、 仕事が正確で速いから顧客に信頼され協力者もいたから移動も早い、夜の時間に余裕があるからですよ、仕事の話をネタにしたら面白くないでしょ、〔当時の社長に読まれて叱られないように・自己弁論?〕

Photo 桜のマタ? 

◆上品で穏やか やさしい人が あるとき突然手のひら返すように  怖い顔になって文句ばっかり言う、〔例えば 政権交代で野党になってしまった元与党の総裁、与党になったほうも何も出来ないバカばっかり、結局どちらも 自分のことしか考えてない?〕    いつも怖い顔して皆に嫌われる人が 寂しい後姿で去っていくこともある。  

明るく陽気で心配事は何もない、トンチンカンで天然かと思ってた娘が あるとき突然繊細な感情になり涙溢れる、それをなぐさめようとして 泣かないで・・と、やさしいことばをかけた人が 涙が止まらなくなって困ってみたり、ウブな年下かと見える娘が 意外とベテランだったり?  ろくでなしが良いことする人だったり、偉い人が悪いことする人だったり、世の中色々、人生色々、人間社会は色々です。 

だからって 裏側の暗い部分ばかりみようとしてはいけないよ、表がきれいなら裏もそんなに汚くないよと思ったほうがいいよ。

Photo_2

またまたのお話に戻る、  それから半年後、東北出張案内書を書きながら またまたの酒場へ また行ってみようかと思っていた頃、痔の痛みに耐えかねて初めて病院で尻を出し、 オラの痔叙伝一回目の手術で入院したのであります。 〔痔除伝のメイン、痔の手術と入院生活の記録・近日公開、〕 

おだてられると余計に呑んでしまう、呑み方がまだまだ達人の域に達していなかった、そのせいだ・・ と考えてはいけない、

要は何事も積み重ね、積み重ねが困難を生み 積み重ねがそれを乗り越える力になることもある。  

幸運や不運は偶然ではない、人生は日々少しずつの積み重ねである。 努力という字は 女のマタに力を入れると書く、〔本件と関係ないか?〕

いつも一生懸命で頑張りやさんで、天然だけど若い・かわいい私の友人に伝えたい。 このたびは自分を基準にして またまた マタの話になってすみませんが キャラは変えられない。 手のひら返すように顔つきまで変える人にはなりたくない。 改まって云うことではないけどな。

◆恋愛論  恋に定石や教科書なんてない、恋はいつでも初舞台、行き当たりばったりの定石無視, 冗談解る達人になれば優しい大人に成長して強く生きていけるよ。 恋をしたければ先ず惚れなければ、自分が先に惚れなければ相手も惚れてくれない、見た目だけでも惚れる価値のある人はいるよ、いいなと思ったら惚れてしまうのが恋愛の基本です。 出逢った瞬間から片思い?簡単な想いです、ダメなら他を当たればいい、恋人募集中の若き後輩のために。 ???      

いつものことだけど シモネタやりながら先輩面して云うことでないけどな・・・???  なんでオレが? 世の中大変な時に、こんな時に改まって恋愛を論じてる場合か? と、気にすることでもないのに? 成り行きで話しがそっちの方へ向かうのは? なんでか? 計画性ない天然だから?

               

真夜中の地震に慌てて、キンチョール持って避難の準備? なんでオレがキンチョール持って右往左往してんのやろ?これみよがしに?(キンチョールのCMをアレンジ)

  地震対策も慣れてきた、次からは避難する場合は 懐中電灯持っていこう・・・  それだったらゴキブリホイホイ持ってる人も一緒だろ、 みんな地震で疲れてる? 冗談云って笑ってる場合じゃないでしょ?

      

オラの場合は痔の痛みという代償があったから 酒と女の専門課程を勉強させてもらった、と思いたいよ。 酒は合格、女のほうは・・仮免許?てとこかな、筆記試験より実技が希望だけどな、疲れることは もうやめたほうがいいな。 いい年して いつまでもこんなことばっかり云ってるから信用されない、出来もしないくせに・・・? てか?

くどいようだが 相手の表の部分、良いところを見ようとすれば 相手も自分の良いところを見てくれる、 大震災から一ヶ月過ぎても 日本中が皆悲しく辛い思いをしている、

世界中が応援してくれる、頑張れ・頑張れと励ましてくれるのは こだまでしょうか、 人間の善意の輪、ヒューマニズムの原点、優しい心の反響でしょう。 これまで日本が世界にやさしく接したからだよ、

世界の励ましを有難く受け止めて 皆のやさしさを裏切ってはいけない、今はみんなが切ないのだから 今日はみんな泣いてもいいよ、みんなで泣けば恥ずかしくもない、一人で泣いたら余計に悲しくなる、

人間は皆へそ曲りだから 泣くなといわれりゃ泣きたくなる、泣けといわれりゃ ナニクソ泣かないぞと思う、 

おいらのへそは百曲がりだ、ポリシーを押し付けようとは思わない、バカはオレだけで沢山だってか? 

毎日どこでも 頑張れ・ガンバレと皆のこだまが聞こえると 毎日泣きそうになるから  myway流でオレも頑張れを云ってみたい、

今日はみんなで笑っちゃうほど泣けばいい、 泣いたっていいじゃないか・人間だもの・・〔相田みつおさん?〕

天然ならば 辛くても泣きながらでも 笑えるよ、

泣いていいから、今日は泣いても 明日笑顔になればいい 

皆で頑張ろう、 なんだか泣きそうになってきた・・?  

こだまでしょうか?  いいえ天然ですから

we are the world,  

we are one、 

バカになれるような人間になりたい〔ビートたけし〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

幸福とは

荒野の七人

昭和の日本映画の名作 七人の侍のラストシーン、討ち死した四人の墓の前で 未だに記憶に残る志村喬の一言がある、 ◆また負け戦だったな、勝ったのは百姓だ、ワシらではない。

Photo_5  

この映画と台詞に感動したユル・ブリンナーが西部劇にリメイクした荒野の七人は、この台詞を使いたいために映画を作ったようなものだ。

◆賞金稼ぎ・七人のガンマンたちの会話、

妻は無い、子も無い、帰る家もない、信頼できる友もいない、

味方もいなけりゃ敵もいない、・・・・? 敵は 全部殺した。

チコ◎ あいつらは誇りのひとかけらもない、

村の長老◎ あなた方はカルヴェラ一味を風がイナゴを吹き飛ばすように退治して また風のように去っていく、農民はこの土地と同じように永遠に生き残るでしょう。

クリス◎ 爺さんの言うとおりだ、俺たちはいつも負けだ。

五つの銅貨、レッドクリフ、荒野の決闘、アラモ、 去年から

もう一度観たかったクラシックな映画を 次々に観ることが出来た。

DVDを観て喜ぶ? アナログ世代になってしまったのが寂しいが この素晴らしい時代を生きられる自分の幸運と 甦る青春の思い出に どれを観ても 泣けて泣けて・・しょうがなかった。  荒野の七人は カッコ良すぎて涙も出ない。 戦国時代の侍を西部劇に置き換えると 凄腕のガンマンになる、 単純な発想だけど こんなに面白い・カッコいい西部劇が少年時代の憧れ? 今でもカッコイイ、何度でも観たい。  

農民のために命賭けで40人の悪党をやっつける七人の男は 何が言いたいのか、20㌦で六週間・? 安い仕事だ、かっこ良く死にたい・? 目標をさがしたい? 冗談じゃネエ、俺たちは正義の味方ではない、百姓は虫けらみたいなもんだ、自分の土地にしがみついて 汚ねえ格好で 戦う勇気もプライドも何もねえ、自分の身を守ることしか考えてない 雑草のようなやつらだ・・・と、軽蔑している。

あんなやつらのために命を張った俺たちは 何だったのか・?  

結局彼らは 農民が羨ましいのだ。  貧しくてもブサイクでも 守るべき土地や家族がある、教養も無ければ力もない、 生きるために泥んこになって働くしか能がない、勇気の要ることだ、何もない俺たちに比べたらずっと勇敢ではないか。 俺たちはいつも負だ。

もしもタイムスリップして あの時代、メキシコのあの村に行くとしたら オレはガンマンの方を選ぶな、農民ならば引越しのない人生かもしれないが、そんなのつまらねえ、拳銃の撃ち方練習するな。  

人の幸せは、夫々の環境や価値観によって形が違う、

この物語は 男の自尊心幸せの形をテーマにしているのです。

横浜へ来てから 大病を経験した影響だろうか、この頃お散歩コースでは 幸福とは何だろう? と、考える日もある。  

ポン酢醤油がある食卓だろうか? 女にモテルことか?、勝負事に強いことか、ゆっくり眠れて毎朝のウンコが爽やか? ごはんが美味しいことだろうか、努力が報われることか?・・・・腹を割って話しできる友はいるか? 愛するものはいるか、夢はあるか?・・・・並べてみたらきりが無い、そんなこと関係ない天然バカでいられたら幸せだ、バカに憧れて バカばかり言ってるから バカになりそうで心配することもある?   

結局 健康で心配事のない人生なら納得できる?のだろうか。 

人生経験の偏差値高いとはいっても オレに言わせりゃ また身もフタもないけれど 去年の坐骨神経痛、絶望的な痛みの記憶が離れない、大地震の揺れ、恐怖の記憶も離れない、余震が続き小さな揺れでも敏感に反応して 慌ててトイレから出てくるようになった。 ボケるよりはマシだけどね。  地震の被害は東北だけではない、横浜にも及んでいる、避難するときはせめてパンツくらいちゃんと履きたいよ、お尻出して救助されたら・・みっともないでしょ。 相手が地球だから喧嘩にもならない、こればっかりは神に祈るしかない、 早く治まってほしい、お風呂もトイレも 爽やかになるまで ゆっくり入りたいよ。 愚痴になるから情けないが 要は普通がいいのだ、大地は動かないのが普通、肉体は痛くないのが幸せ、今年はお散歩しても足が痛くないからハッピーなんだよ。  

岬の先端に小さな灯台、青い海の見える丘の上の小さな家、森と湖のそばで暮らせたら・・・? 若い頃からほのかな夢を描くこともあった。 都会育ちの人なら誰でも夢見る理想の暮らしである。

この度の大地震、津波で家が流されて何万人の人が 命まで失った、なんと情けない悲惨な光景であろうか。 被災者たちのことを思えば オレらはまだ幸せだ、

生きてるだけでも幸せな人が沢山いるから 世の中色々だ。

Photo_4

仁〔JIN〕というテレビドラマをやっている、神は乗り越えられない試練は与えない・・・。 テレビも映画も所詮は娯楽だ、娯楽の中にも 明日への勇気を与えてくれる前向きな言葉に出会うこともある。

仁とは別口、勇気の出る言葉五選〔オリジナル含〕

★どんなにせつなくても 明日は必ずやってくる

★陽はまた昇る どんな人の心にも

★お酒はぬるめの燗がいい お寿司は回らぬほうがいい・・・

★乗り越えられぬハードルは、潜ればいい

★明日は雨の予報でも 晴れる場合もある、

〔その他色々・・・別の機会に並べます〕

皆が心を一つにして東北の人たちを応援している、共通の困難や悲しみに遭遇すると 人には皆優しい心が芽生える、電力の有難さも勉強になった。 楽天も今年は強いじゃないか、

◆暑い暑いで眠れぬ夏、寒くて風邪ひきそうに寒い冬が過ぎて やっと暖かい春が来ました。  横浜でも今桜が満開です。 毎年春になると桜が恋しい、日本の季節の代表選手は 春の桜と秋の紅葉だ。 お花見と紅葉狩りは日本人の特権です。 三陸はギザギザ地形のリアス式海岸、山・川・湖・温泉、メリハリのある地形は地震によって造られる、美しい景色の国土に地震は宿命だ。 日本に生まれて損したと思うか?・・と、誰かが子供に聞いていた。

地震のないところ、海のない国、大陸の真ん中は?草木の生えない砂漠ではないか、菜の花畑に入日薄れ見渡す山の端霞深し♪ ・・・アフガンやイラクにこんな歌あるか?

石油は採れても戦争している殺風景な砂漠の国がいいか、地震があっても緑豊かでお米が美味しい日本が好きか・・? スマトラを指差して ニュージーランドはここだという勉強してない大人が 日本の子供に野暮な質問するなバカヤロ。

幸福とは 心配事のない天然バカが一番である。 お花見できる時と幸福って何だ? と考えるような時、自然の美しさに心ときめくニュータイプの明るいバカ・・天然? 自分のことバカだというのはバカだと思ってないから、バカに気付いてないバカである。 オレ天然かも? 

 Photo_3 大根 50円・日曜朝市で

◆読者様へ  業務連絡、 いつも長文になって恐縮ですが今回は半月振りの更新です。  ご無沙汰してしまいました。  地震の影響ではありませんが  PCも自分も多少の不具合はあるものの おかげさまで元気してます。   再びぶっ倒れて入院ということにならぬように、 ボチボチと マイペースで更新してゆく予定であります。  別便メールで更新通知も不定期になる可能性もありますが大丈夫ですから。〔傷が付いても走行する車もある?〕    毎度私事で失礼致しました、 

地震に驚いて怪我などしないように ご自愛ください。  地震の方だっていつまで続けるのも大変だ、 そろそろ疲れてくる、 もう少しだから、頑張りましょう。  地震なんかに負けないで・・ね。

◆三月の記事・こだまでしょうか の後半が操作ミスにより消えてしまいました。 PCも自分もポンコツでしょうか? いいえ ドジですから。  早急に対応、再投稿いたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »