« こだまでしょうか/PART・2 | トップページ | はまひるがお »

たけのこ

筍の季節になると冬眠から覚めた熊のように? じっとしてられない、行動的になるのは暖かく爽やかな陽気のせいでしょうか? 森の道を歩くと 野鳥の鳴き声が春を謳歌するように響き亘る、毎年のことなのです、こだまでしょうか、いいえ・ばかですから・・・・!

◆川崎時代、娘が嫁に行ったあと、妻と二人だけの暮らしになった頃、五月の連休に ある朝テレビで亀戸天神の藤の花が満開になっているのを見て、  行ってみようか? と即断即決、一時間後すぐに出発した。 川崎の北部から 亀戸まで よくあんな遠いところまで行ったもんだと 今思えば 驚異的な行動力、パワーであった。  実際は藤の花を観賞するよりも 人の数と池に亀の数が多かったくらいしか憶えてない。  夕方帰宅してから晩御飯のおかずには 筍の煮物が美味しかった。

Photo  

◆横浜へ引越ししてから 最初に多摩川へ釣りに行ったのも 五月初旬、青葉台から電車に乗って 二子橋の下流でやまべを狙ったが 天気は良いが風が強くて その日はまるで釣れない、魚協のオヤジがきて 立ち話、まだ夏場のやまべには 時期が早い、六月からだよ、今は風も強い、竿が振りにくいでしょ、平瀬川の合流するところなら 昨日魚が跳ねていたよ・・・・と、ポイントの情報を貰って、 よーし、次はそこでやってみようと次回の釣行にファイトを燃やしていた。  その日は鯉の当たりで仕掛けが壊れて 釣果ゼロであった。  名人としては情けない一日だったが 晩の筍ごはんが やけに美味しかった。 

         町田の山奥にいたときは 四月下旬になると 朝早くから長靴はいてスコップ持って、 前の竹林へ 筍堀りに行った、いつも二十本くらいは収穫があった、連休は毎朝行った、楽しい労働であった。  採りたては新鮮で旨い、

当分の間 筍のメニューが続いて下痢するほど食った日もあった。

筍は 竹冠に旬シュンと書く、 初夏には旬の代表格である。

オラは この筍が好き、 筍には 明日は1m、明後日は3m、グングン伸びて やがて天まで届く大木に成長するパワーがある、若さがある、未来を感じさせる夢がある。 

川崎高津から向丘、玉川学園・横浜、何度か移り住んだ家の近所には どこも必ず竹林があった。 個人情報丸出しだけどな、 神奈川東部は 多摩丘稜、地質学的には関東ローム層の粘土質で構成された地帯である。 植物には過酷な環境であるが そこで繁殖する竹には用土を選ばぬ雑草並の逞しさがあるからだ。  

 ナーンチャッテ、オレ・地理・歴史が好き、社会科得意だったんだよ。筍の味と香りは 今まで暮らしてきた色々な処で 良くも悪くも 思い出が一杯の食材なのである。 竹が好きなのはパンダだけではない、人間は葉っぱは食わないけどね。 

竹やぶにたけのこの穂先が伸びているのを見つけると幸せ気分になるのは 筍に思い出が沢山あるから。  

痛いだの辛いだのと言いながら オレはまだ生きている。 負けてたまるか・死んでたまるか,ここで死んだら オレは何しにこの街まで来たのか? 病気と勝負するためだったのか? 何やってだ、なんてバカな?〔fool such as I〕涙こぼれて情けないから 上を向いて歩こう、下は葉っぱのウッドチップコースだ, ウンコ踏まなければいい。 時間の経過とともに 不思議なほどの幸運に恵まれたことが嬉しい、筍のことだけでも こんなにメモリーがあっていいのか? こんなにナイーブなバカでいいのか?  

楽に逝けるなら死んだほうがマシ・・? やぶれかぶれはやめよう。 せっかく娑婆にいるのだからついででいいから寿命まで? 娑婆と付き合うのも楽しいかもしれない、人生はゲームだ〔マザーテレサ〕、バカにも多少の学習能力あれば、 これなら説得力あるだろ。

バカになりたくないと思って 歩き続けたのはいいが さっき食べた朝ごはん 何を食ったか憶えてるのか?

腰痛予防のために今年は減量しよう、 食事制限してスマートになろう、筍なら低カロリーだから いいだろ・・と、チョコレートかじりながら 決心してる・・・・?

知人とすれ違って・・・・こんにちわ、今日は暖かくていいですね・・・・、愛想よく挨拶交わして、・・・アレ? 今のは?誰だっけ?  しっかりしろよ・バカヤロ・何やってんだオレは。  このくらいのバカならいいかな・・? と、妥協するから バカかもしれない・・・・?

お散歩コースには ハナミズキが満開になりました、垣根のツツジも咲いている、野生のポピー、花ショウブ、藤棚もそろそろです。

Photo_3 Photo_5

山が明るい緑色になってきた。  アジサイの新芽も大きくなって

もう初夏ですね。 この辺は地震は怖いけど津波の心配は要らないから 夏の緑は伸び伸びと育ちます。  ところで 昨日から 筍の煮物と天ぷら食べてるが 京風に筍のお刺身作りに挑戦してみたい。  新鮮だから今のうちなら美味しいでしょ。

日差しの眩しい晴天は 暑いくらいになった。  今年の夏も また猛暑の予感? 大震災で日本中が試練の時、お花見やお祭りの自粛、悲しい人がいるときに楽しい事を辛抱する人・・・、元気つけようと明るく励ます人もいる、節電に協力するくらいは仕方ないとしても 云わせてもらえば 何から何まで自粛ムードばかりでは暗くなるよ、冷静は日本人の美徳か? これだから現代日本人がイマイチ弱いのだ。 たまには狼狽したって 泣いたっていいじゃないか。 確かにお葬式で笑う人はいないけれど、 負けてたまるか・・と、上を向いて 明日を見ながら みんな頑張ろうね、日本人は一人じゃない、寂しさに涙するのは・オマエだけじゃネエ、 泣き虫でバカやりながらハッピーやってるバカもいる、なんとかなるさ、明るい緑の季節がきっと来る。 今日は泣いても 明日笑顔になる勇気があればいい。 前回から言ってるでしょ。

Photo_2

|
|

« こだまでしょうか/PART・2 | トップページ | はまひるがお »

お散歩カメラ」カテゴリの記事

コメント

fu-san
いつもやさしいコメントありがとうございます。  こんなハチャメチャ文をお読み頂き恐縮です、有難いことです。 学園の近くで 筍堀りしていた頃を思い出して こちらこそほのぼのとしてしまいます。 

投稿: myway | 2011年5月 4日 (水) 16時09分

ご無沙汰しております。 筍の文読ませて頂きました。 好物なのがにじみ出ていて なにかほのぼの感じました。  それと 学園の近くに住まはれておいでの時に 朝採りを二人で沢山持ってきて下さったことが 懐かしく思い出しました。  去年オジャマした時に撮って頂いた写真 パソコンの壁紙にしています。 あれからもうすぐ一年、早いですね。

投稿: fu-san | 2011年5月 4日 (水) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/39786103

この記事へのトラックバック一覧です: たけのこ:

« こだまでしょうか/PART・2 | トップページ | はまひるがお »