« 2011春の散歩道・バカかもしれない | トップページ | こだまでしょうか/PART・2 »

幸福とは

荒野の七人

昭和の日本映画の名作 七人の侍のラストシーン、討ち死した四人の墓の前で 未だに記憶に残る志村喬の一言がある、 ◆また負け戦だったな、勝ったのは百姓だ、ワシらではない。

Photo_5  

この映画と台詞に感動したユル・ブリンナーが西部劇にリメイクした荒野の七人は、この台詞を使いたいために映画を作ったようなものだ。

◆賞金稼ぎ・七人のガンマンたちの会話、

妻は無い、子も無い、帰る家もない、信頼できる友もいない、

味方もいなけりゃ敵もいない、・・・・? 敵は 全部殺した。

チコ◎ あいつらは誇りのひとかけらもない、

村の長老◎ あなた方はカルヴェラ一味を風がイナゴを吹き飛ばすように退治して また風のように去っていく、農民はこの土地と同じように永遠に生き残るでしょう。

クリス◎ 爺さんの言うとおりだ、俺たちはいつも負けだ。

五つの銅貨、レッドクリフ、荒野の決闘、アラモ、 去年から

もう一度観たかったクラシックな映画を 次々に観ることが出来た。

DVDを観て喜ぶ? アナログ世代になってしまったのが寂しいが この素晴らしい時代を生きられる自分の幸運と 甦る青春の思い出に どれを観ても 泣けて泣けて・・しょうがなかった。  荒野の七人は カッコ良すぎて涙も出ない。 戦国時代の侍を西部劇に置き換えると 凄腕のガンマンになる、 単純な発想だけど こんなに面白い・カッコいい西部劇が少年時代の憧れ? 今でもカッコイイ、何度でも観たい。  

農民のために命賭けで40人の悪党をやっつける七人の男は 何が言いたいのか、20㌦で六週間・? 安い仕事だ、かっこ良く死にたい・? 目標をさがしたい? 冗談じゃネエ、俺たちは正義の味方ではない、百姓は虫けらみたいなもんだ、自分の土地にしがみついて 汚ねえ格好で 戦う勇気もプライドも何もねえ、自分の身を守ることしか考えてない 雑草のようなやつらだ・・・と、軽蔑している。

あんなやつらのために命を張った俺たちは 何だったのか・?  

結局彼らは 農民が羨ましいのだ。  貧しくてもブサイクでも 守るべき土地や家族がある、教養も無ければ力もない、 生きるために泥んこになって働くしか能がない、勇気の要ることだ、何もない俺たちに比べたらずっと勇敢ではないか。 俺たちはいつも負だ。

もしもタイムスリップして あの時代、メキシコのあの村に行くとしたら オレはガンマンの方を選ぶな、農民ならば引越しのない人生かもしれないが、そんなのつまらねえ、拳銃の撃ち方練習するな。  

人の幸せは、夫々の環境や価値観によって形が違う、

この物語は 男の自尊心幸せの形をテーマにしているのです。

横浜へ来てから 大病を経験した影響だろうか、この頃お散歩コースでは 幸福とは何だろう? と、考える日もある。  

ポン酢醤油がある食卓だろうか? 女にモテルことか?、勝負事に強いことか、ゆっくり眠れて毎朝のウンコが爽やか? ごはんが美味しいことだろうか、努力が報われることか?・・・・腹を割って話しできる友はいるか? 愛するものはいるか、夢はあるか?・・・・並べてみたらきりが無い、そんなこと関係ない天然バカでいられたら幸せだ、バカに憧れて バカばかり言ってるから バカになりそうで心配することもある?   

結局 健康で心配事のない人生なら納得できる?のだろうか。 

人生経験の偏差値高いとはいっても オレに言わせりゃ また身もフタもないけれど 去年の坐骨神経痛、絶望的な痛みの記憶が離れない、大地震の揺れ、恐怖の記憶も離れない、余震が続き小さな揺れでも敏感に反応して 慌ててトイレから出てくるようになった。 ボケるよりはマシだけどね。  地震の被害は東北だけではない、横浜にも及んでいる、避難するときはせめてパンツくらいちゃんと履きたいよ、お尻出して救助されたら・・みっともないでしょ。 相手が地球だから喧嘩にもならない、こればっかりは神に祈るしかない、 早く治まってほしい、お風呂もトイレも 爽やかになるまで ゆっくり入りたいよ。 愚痴になるから情けないが 要は普通がいいのだ、大地は動かないのが普通、肉体は痛くないのが幸せ、今年はお散歩しても足が痛くないからハッピーなんだよ。  

岬の先端に小さな灯台、青い海の見える丘の上の小さな家、森と湖のそばで暮らせたら・・・? 若い頃からほのかな夢を描くこともあった。 都会育ちの人なら誰でも夢見る理想の暮らしである。

この度の大地震、津波で家が流されて何万人の人が 命まで失った、なんと情けない悲惨な光景であろうか。 被災者たちのことを思えば オレらはまだ幸せだ、

生きてるだけでも幸せな人が沢山いるから 世の中色々だ。

Photo_4

仁〔JIN〕というテレビドラマをやっている、神は乗り越えられない試練は与えない・・・。 テレビも映画も所詮は娯楽だ、娯楽の中にも 明日への勇気を与えてくれる前向きな言葉に出会うこともある。

仁とは別口、勇気の出る言葉五選〔オリジナル含〕

★どんなにせつなくても 明日は必ずやってくる

★陽はまた昇る どんな人の心にも

★お酒はぬるめの燗がいい お寿司は回らぬほうがいい・・・

★乗り越えられぬハードルは、潜ればいい

★明日は雨の予報でも 晴れる場合もある、

〔その他色々・・・別の機会に並べます〕

皆が心を一つにして東北の人たちを応援している、共通の困難や悲しみに遭遇すると 人には皆優しい心が芽生える、電力の有難さも勉強になった。 楽天も今年は強いじゃないか、

◆暑い暑いで眠れぬ夏、寒くて風邪ひきそうに寒い冬が過ぎて やっと暖かい春が来ました。  横浜でも今桜が満開です。 毎年春になると桜が恋しい、日本の季節の代表選手は 春の桜と秋の紅葉だ。 お花見と紅葉狩りは日本人の特権です。 三陸はギザギザ地形のリアス式海岸、山・川・湖・温泉、メリハリのある地形は地震によって造られる、美しい景色の国土に地震は宿命だ。 日本に生まれて損したと思うか?・・と、誰かが子供に聞いていた。

地震のないところ、海のない国、大陸の真ん中は?草木の生えない砂漠ではないか、菜の花畑に入日薄れ見渡す山の端霞深し♪ ・・・アフガンやイラクにこんな歌あるか?

石油は採れても戦争している殺風景な砂漠の国がいいか、地震があっても緑豊かでお米が美味しい日本が好きか・・? スマトラを指差して ニュージーランドはここだという勉強してない大人が 日本の子供に野暮な質問するなバカヤロ。

幸福とは 心配事のない天然バカが一番である。 お花見できる時と幸福って何だ? と考えるような時、自然の美しさに心ときめくニュータイプの明るいバカ・・天然? 自分のことバカだというのはバカだと思ってないから、バカに気付いてないバカである。 オレ天然かも? 

 Photo_3 大根 50円・日曜朝市で

◆読者様へ  業務連絡、 いつも長文になって恐縮ですが今回は半月振りの更新です。  ご無沙汰してしまいました。  地震の影響ではありませんが  PCも自分も多少の不具合はあるものの おかげさまで元気してます。   再びぶっ倒れて入院ということにならぬように、 ボチボチと マイペースで更新してゆく予定であります。  別便メールで更新通知も不定期になる可能性もありますが大丈夫ですから。〔傷が付いても走行する車もある?〕    毎度私事で失礼致しました、 

地震に驚いて怪我などしないように ご自愛ください。  地震の方だっていつまで続けるのも大変だ、 そろそろ疲れてくる、 もう少しだから、頑張りましょう。  地震なんかに負けないで・・ね。

◆三月の記事・こだまでしょうか の後半が操作ミスにより消えてしまいました。 PCも自分もポンコツでしょうか? いいえ ドジですから。  早急に対応、再投稿いたします。

|
|

« 2011春の散歩道・バカかもしれない | トップページ | こだまでしょうか/PART・2 »

お散歩カメラ」カテゴリの記事

コメント

楽しみにしていた桜も終わりました、これからは八重ですね。
江川せせらぎ公園の桜並木とチュウリップを見てきました、なかなかいい所でした。本当に早く落ち着いて欲しいですね。
                       むらかみ

投稿: m. m | 2011年4月18日 (月) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/39642632

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福とは:

« 2011春の散歩道・バカかもしれない | トップページ | こだまでしょうか/PART・2 »