« 暑中お見舞い | トップページ | 2011秋 メランコリー »

信州のトマト

◆久々の更新です。  夏休み宣言してしばらくお休みの予定でしたが 昨日の雨から急に涼しくなってPCエリカ号も元気回復、更新できるようになりました、PCは暑さに弱い、オラ暑さにも寒さにも 淋しさにも弱い、一心同体? PCの具合悪いと切ない、 風邪もひくし痔も疼く・・? 自分まで具合悪くなる・・? PC依存症ではありません、相思相愛、恋をしている?  紳士の条件、いつもどこでも誰かに恋していたい。  愛機が復活すれば人間も元気になる、バカだけど風邪ひかないように気をつけましょう。

ぼんぼんとても今日明日かぎり  あさってはお嫁のしなれ草(萎れ草)

しなれた草をやぐらにつんで  したからみれば牡丹の花

ぼたんの花は咲いても散るが  なさけのお花は今ばかり

なさけのお花 ほいほい  

八月、お盆になると 信州松本市では 女の子の行列が浴衣姿にぽっくり履いて 提灯を持って市街を歩くのです。  松本市出身の女の子には懐かしいお祭りの歌である。

Photo

フラワーさんから 松本のトマトを送って頂きました。 拡大してみてね、色も形も美味しそうでしょ。   

Tomato2 獲れたてのでっかいトマトです。  我が家のルーツ、信州松本の香りがする、新鮮ではちきれそうな メッチャ美味しいトマトです。 カジリつくと水しぶきが飛び散りそう。

子供の頃は 毎年夏休みになると 松本の祖父の家で一ヶ月ほど滞在した。

孫が七人、従兄弟が全員集合する期間だった。  二階の窓からお城の堀と天守閣が目前に見える、古いが大きな家だった。  台所には アルプスの天然水、冷たい水が湧き出る水場があった。  家の中に細い水路があって 一日中水の音が聞こえる家だった。

この湧き水は天然の冷蔵庫である。スイカ・キュウリ・茄子・トマト・・野菜も果物も この水で冷やして食べる、手を突っ込んでいられないほど 冷たい水である。

子供たちは二階の大きな部屋で七人並んで寝る。 まるで修学旅行並に暴れまくる。

お爺ちゃんの得意なお化けの話(怪談)を聞かされるから この二階の薄暗い部屋は 子供には怖い場所であった。   部屋のインテリアがコワイ、ヴェートーベンのデスマスクが壁に飾ってある、布袋様の置物とか、幽霊を描いた掛け軸とか、子供の目には不気味であった。   本物の日本刀、山岡鉄舟の木刀、伊藤博文の書等・・貴重な骨董品、祖父は囲碁をやらないのに五寸の本格碁盤もあった。  二階より便所が もっと怖い、中庭の横の廊下の奥にある便所へ行くのが 怖い・・?   玄関を開けると広い土間があって 天井にツバメの巣がある。 土間から応接間兼用の書斎・事務室、本棚には法律関係の書類が並んでいる。   祖父は松本市で弁護士事務所を開業していた。   オラが法学部法律学科を選択したのは 家系的環境からだったのかどうか? 後を継ぐほどの勉強家ではない・・幸い弁護のお世話になったことは まだないのである。

弁護士は悪いヤツの味方、この種の職業を志すならば 検事のほうが正義の味方だろう・・という考え方であったが 実際のところは女の尻を追いかけるのに情熱を傾け 司法試験どころか卒業できるか否かの心配をする学生時代だった。  

お爺ちゃんは周囲から先生と呼ばれて 板垣退助みたいな髭で 見るからに厳格で えらそうにしている頑固爺であった。  酒は飲まないが かなりの食道楽、旨いものを食い歩くのが趣味である。  東京では肉が珍しい時代、オラが小学生にして馬刺や牡丹鍋を食していたのは お爺ちゃんに同行したからである。   酒を口にしないのは 祖父の親父(曽祖父)が大酒飲みで肝硬変で死んだのを観て来たから・と、本人曰くであるが、 親父の行状を「反面教師」にしていたらしい。

そういえばオレも親父を見習うということはなかった。  親父のような酒飲みにならないようにしようと思いながら、酒飲みの道を歩き続けている。   自分も 周囲の友人たちにも乗り越えられぬ偉大な父がいる・・という話は あまり聞いたことがない、  

お爺ちゃんの酒とは関係ないが オラの現役時代の先輩には「反面教師」が多かった。尊敬に値する優しい先輩が少ないのは淋しいことである(これを言い出すと愚痴っぽくなってしまうけれど) 良い先輩というのは 後輩の「良いところ」を見つける達人である。

ダメな先輩は後輩の失敗や欠点・弱点を指摘するのが得意。  能力が低い者は人の優れた部分を評価できないのである。  

照明の乏しい時代だった、松本の家は自分的にはあまり快適な住処という記憶が無い。

湧き水で冷やしたトマトをまるかじり、表通りに速い流れの水路がある、 木片に名前を書いて水に浮かべ競争させて遊ぶ、お城の裏にあるプールへ毎日遊びに行き 身体が冷えてガタガタ震えがくるまで泳ぐ。  最年長のオラがガキ大将になって 七人で遊びまわっていた。 お盆になると 青山様だよ ワッショイコラショ・・・?  松本の男の子は青山神社のお神輿を担いで ヘンナ掛け声?・・・なんか・いなかっぺぽくて・・ダサいと 都会の子には馴染めない感覚であった。 そして 女の子は「ぼんぼんとても・・」を歌いながら歩くのである。

上品で小京都的な風情があって いいんじゃないの・・と、  オレは女の子じゃないけれど 女の子の唄がいまだに記憶に残っている、女は偉大である。

Photo

今年は日本中自然災害でハチャメチャである。  爽やかな話題は なでしこジャパンくらいなもの、この大変なときに よくやった、エライ、スゴイ・・感動した、 悲しいのは ちょいブサイクなところ、難波のアンちゃんや吉本のおっさんみたいなのもいる・・・? 爽やかで いい娘たちだ、好感持てるブスだから さむらいジャパンと合コンすればいい。 も少し女の子らしいキレイな子を集めて なでしこの二軍ひなげしジャパンを作りたい、監督はアグネス・チャン・・・?( これは爆笑問題のネタ。)   

七月末に泉岳寺見学をしました。  いつも思うのは 浅野長矩公の墓よりも 長矩公夫人遥泉院の墓のほうが大きく立派なことである。  オレんちだけではない、日本では昔から女性のほうが偉いのであろうか・・・ 。

Photo_2 Photo_3

女は偉い・・? 何が言いたいのか解らなくなってきた? これだからおいらはシモネタやってるほうが正解だったのである。  毎度脱線で長くなりましたが トマトのはなしであった。  景色・唄・水の流れ、食べ物の匂い・味・・例えば一個のトマトにも、ぶどうの一粒にも、思い出は 色々なものの中に存在するんですね。

湧き水・お盆の祭り・お爺ちゃんのこと・・山に囲まれ、空気も水も美味しい ふるさとの街松本と 子供の頃の思い出をいっぱいに詰め込んだ ぷりぷりのでっかいトマト・・・毎日まるかじりしています。  フラワーさん ありがとう。

|
|

« 暑中お見舞い | トップページ | 2011秋 メランコリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ロックちゃん いつも素敵なコメントありがとう。
日本アルプスの山々に囲まれた 私の城下町松本、いいとこですよ、観光地なのに観光地の騒々しさがない、日本そばの本場、水が美味しい、果物が美味しい、空気が美味しい、画家、詩人、路上でミニライブやる若者、芸術系の人が集まる レトロでロマンチックな信州の大都会です。 槍ヶ岳、穂高岳、諏訪湖、白樺湖、上高地etc.登山までしなくても 市街地にはいい温泉もあります。 癒される、生きていて良かったと思えるような穴場?です。 是非一度遊びにお出かけください。 ???なんだオレ、松本市観光協会の回し者ではないが・・朝ドラ「おひさま」のCMになってしまいました。  また信州の色々な話を書き込んでいきますので よろしくお願いします。 

投稿: myway | 2011年8月25日 (木) 05時41分

こんばんは♪トマト、と~っても美味しそうです!!冷た~く冷やして♪たまらないです♪長野良いですね。朝の連ドラにハマッているのですが、観るたびに長野に行きたくなります。癒されそうで良いですね♪また長野話楽しみにしています。

投稿: ロックブリッジ | 2011年8月24日 (水) 19時34分

makちゃん いつも見てくれてありがとう。
笑ってもらえると嬉しいです。 ボケ防止のつもりでお笑いネタばかり考えながら大ボケかましてる自分に笑ってますけど、PC調子よくなったので 秋はこまめに更新できそうです。 またいつでも覗きに来てくださいね、よろしくお願いします。
なでしこジャパン・ロンドン五輪は寝ないで応援しましょう。
もぉ・ブスでもいい、金メダル獲ってもらいたい。

投稿: myway | 2011年8月24日 (水) 05時28分

フラワーさんも お盆になると ぼんぼんとても・・唄いながら提灯持って市街地を歩いたのでしょうか、次はお婆ちゃんのことも書いてみたいです、この度は素晴らしいトマト本当に美味しかった、ごちそうさまでした、ありがとうございました。

投稿: myway | 2011年8月24日 (水) 04時24分

トマトおいしそうですね♪
松本の夏もすばらしかったんですね!!私には田舎がないので羨ましい限りです。
それにしても、なでしこジャパンのくだり、申し訳ないですが笑ってしまいました(笑)

投稿: sugarmak | 2011年8月23日 (火) 23時09分

記事にまでしてくださってありがとうございました。
トマトまだ毎日たくさん採れてます。
召し上がるなら送りますので遠慮なく言ってください!~

松本のお家のお話がお聞き出来て嬉しいです。
子供の頃の様子やおじい様のご様子、目に浮かんできます。なんか懐かしいような温かい気持ちになります
また色んな事お聞きしたいです。書いてください~。

投稿: フラワー | 2011年8月23日 (火) 21時37分

トマト・スイカ・・夏の果物は 冷蔵庫より天然の冷水、自然の状態で冷やすのが美味しい食べ方なんでしょうね、 あの湧き水・・・水そのものが美味ですから、お茶・コーヒー・・水割りにも使えますね。 酒に利用したら・・?  

投稿: myway | 2011年8月23日 (火) 05時59分

フラワーさんのトマト美味しいね。
僕も沢山頂きました。

松本の昔の話いいね。
もっと色々書いて欲しい。

投稿: ポジ | 2011年8月22日 (月) 21時56分

私は井戸につるして冷やしてトマトやスイカを食べました、確かに暑い夏 つめたい水で冷やした果物は美味しかったですね、何日か涼しくて助かりましたが 明日から又暑くなりますね、風邪を早く治してください わたくしはひと足さきにやりました。
                むらかみ   

投稿: m. m | 2011年8月22日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/41298840

この記事へのトラックバック一覧です: 信州のトマト:

« 暑中お見舞い | トップページ | 2011秋 メランコリー »