« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

かわせみ見つけた

 新年のご挨拶 お散歩コースにて

Photo_6 Photo

カワセミが逗留する森

 かわせみに出遭った、初めてホンマモンのかわせみを目撃した。 また身もフタもないこと言うが 横浜のこの街に来てから七年間、いつの間にか散歩師になってしまった。  朝起きて 歯磨きして顔洗って ごはん食べてウンコして・・・、

 毎日同じパターン、散歩が生活の一部になってしまった。  趣味ではないし職業でもない、社会に貢献もしていない。  毎日緑の中をお散歩するのは 病み上がりのリハビリとか、健康のためとか 目的があるからではない、 大都会のど真ん中に 緑の深い森がある、自然の森へ足が向くのは人間も所詮は野生の生き物なのだからであろうか。 具体的な目標も「夢」も、なにもなくていいんだ、人生は生きてるだけでもたいしたもんだ、自慢になることでもないが これしかないからね。 家の中でごろごろと 寝たきり老人の真似をするよりも 歩いて運動したほうが身体がほぐれる、酒もごはんも美味しくなる、 それと なんてったってお散歩は金もかからない、年金生活で ヒマなご隠居さんには最適な過ごし方である。  

かわせみ、英語でKing Fisher(魚釣王)、or River cicada bird(新作単語??)orキャワセミ(桑田さんの発音)、

一月三日、憧れのカワセミを ついに見つけた、

歩くことの中に目標を求めるとすれば かわせみのハンティングをカメラに収めてみたいと せせらぎに沿ってお散歩コースを毎日歩く、 同じことを繰り返していれば そのうち彼にめぐり合えるだろう。 気持ちの片隅に いつも小さな夢を描いていた。 目的地も何もなく ただ歩いていたら ボケ老人の徘徊と思われても困る・・、

Photo_2

同じ時間にジョギングする人も多い、おいらと同じ年代で 毎日走っているやけに元気な爺さんがいる、何人か顔見知りになってしまった。 爺婆に興味はない、オラ「年寄り」は嫌いなんだよ、動きが遅い、自分勝手、人の話聞かない・?聞こえてない、人の迷惑顧みず 己の欲望のままいきている、オレもだから・ヒトのこと言えないけどな。 これらの人種になりたくないから日々足腰鍛えて努力しているつもり。 同じ町内の ちょっと綺麗なネエちゃんがジョギングスタイルで日々頑張っている、

Photo_3

「こんにちは、今日はお天気良くて気持ちいいですね・・・お散歩ですか?」 ネエちゃんには何故か愛想良くなってしまう。 「 お散歩? シッツレイね、走ってるんですけど・・・」

散歩じゃないってか? ジョギングしていたのだ、ならばもう少し速く走れよ・・て感じ、おいらと併走では 徒歩のスピードだ、「いつも走ってるからスマートなんですね 綺麗なヒトはカッコイイですねー、勿論お世辞ですよ、昼間っから口説いてるわけじゃないからね」 挽回しようとして余計なことを言ってしまった。 「ホントにシッツレイネェ・・・」睨んだあとに半分笑いながら 今度はフルスピードで走り去った。 これだから評判悪くなるのかなと反省。 

 歩けるということは素晴らしい、大病の経験者ならではの心境。  はったりかまして見栄張ってたから今年もまだ生きている、見栄がなければ腰が曲がったコキタネェ爺の仲間入りになってしまう、オレもコキタネエけどな。 

見栄(プライド)がなければ男じゃない、鶏だって雄がトサカを立てている、ブサイクな老人になりたくないと 日々努力しているのだ、この頃気になるのは いつも何かを探しながら 何を探してたか忘れる、私はここに何しにきたの? ここはどこ? 私はだれ?、忘れたことも忘れてる? 髭はふえるが髪の毛が減る、気力・体力・記憶も抜ける、抜けないのはシワと疲れと痛みだけ・・(きみまろさん風)、

それでも見栄がジャマをするから 中身はガタの中古でも せめて外見はフェラーリでいたい。 見た目に気をつかうから見栄張りだ。いいさそれでも 生きてさえいれば いつか幸せに巡り会える・・・冬晴れの青い空を仰いで毎日歩ける、恵まれ過ぎたほどの幸運と見栄張りの人生に今更ながら感謝の日々であります。 

Photo_5 鴨なら写真撮れる

公園の池には鴨が多い、春には鴨のヒナが泳ぐのを観察できます。 因みに鴨の親鳥が子供呼ぶとき=カモンベイビー??    散歩するだけでも色々な「ふれあい」がある。  かわせみとの遭遇もひとつのふれあいである。  昔風に云えば「袖すりあうも 他生の縁」? 

かわせみは 木の枝から垂直に急降下して魚をゲットするのかと思っていたが 実際はかなり遠くからの低空飛行だった。 真珠湾攻撃の映画で見たような 魚雷を積んだ雷撃機と同じパターンで、 水面に波紋が広がるころには対岸の枝に止まって 誇らしげに獲物を口にしている。 

Photo しらけ鳥(白い毛の鳥・サギの仲間?)

水面に接触するのは 一瞬である。

「おみごと」・・・感動的だった、今が晩年だとすれば オレの晩年は自然に囲まれた こんな素敵な環境で暮らしている、オラ天然が好きだから 自分も天然だけど、嬉しい気持ちになった。

AKBと合コンできたくらい嬉しい、心が躍るような気分になったな。  数人のカメラマンたちが本格的な望遠カメラで 一斉にシャッターをきる、おいらもつられてデジカメを向けて連射した、ズームにするとピンボケになるし、接近すれば 鳥は逃げてしまう。  結局素人には かわせみの写真はかなり難しいということである。 動きのない鳥ならこっちも楽だけどね、例えば氷ったペンギン、木の幹から嘴(くちばし)抜けなくなったきつつき、還暦過ぎたシジュウカラ、しらけ鳥・・・?  

今にみていろ、びっくりするほどでっかい画像を貼ってやる、チャンスはきっとくる⇒この気持ちの根源が「見栄」である。

ついに見た、憧れのかわせみちゃんが首都圏横浜の森の中にも居たのだ・・・。自分の中で小さな目標が達成された瞬間、その喜びの余韻がまだ続いている・・・、それが消えないうちに更新に着手できた(今年の投稿第一号) 

去年は不健康な一年だった、更新間隔が長くなった、持病の腰痛で長いことパソコンに集中できない、具合が悪い日はネタもない、急いで更新するとシモネタになってしまう。

お散歩で歩けばどこかに健康的なネタが転がっていると、自分に気合入れながら 元気になる言葉を捜している、

今日は冷たい雨でも 明日はきっと素晴らしい、(今年のスローガン)

◆晴れた日は 眩しい青空と 森は緑に燃えている、いつまでも夢や憧れを持ち続けていたい、いつも誰かに恋していたい、来年の正月も美味しい酒が呑めますように・・ついでに宝くじ当たりますようにと、元旦の初詣で単純な願いごとを神に祈願した、お賽銭は少ないけどな。 

元旦に地元の神社へ参拝するのは五年連続だ、朝九時に鳥居を潜って、お蔭様で今年も生きている、素直な気持ちで頭下げてきた、「五列にお並びください」と書いてあるが 参拝客が まだ五人くらいしかいないのに?(どうでもいいことだけど)

 順不同になりますが クリスマスには 朝一番でアメリカ東海岸のメルトモから"Merry christmas"のEカードが届いた、毎年のことながら嬉しいことだ、おいらもすぐにメールで返信、そのままの気分で病院へ・・メリークリスマス・・・?

??? 余計なことであるが 近頃病院へ行くことが多くなって気になること、 なんと言って挨拶するのが正解か?、 患者側は「こんにちわー」「お願いします」でいいのだろうか、メリークリスマス、おめでとうございます・・・というのは?ちと問題かも。 おいらが評判悪いのは「ダメ、もうだめ・逝きそう・・今日は死にそう・・」昨日も死にそう・?今日も?

毎日死にそうは困ります、一度だけにしないと近所迷惑になるよね。 

病院側は? 例えば受付で「いらっしゃいませー」ていうのもへんだし、帰るときに「またどうぞー」「お暇なら来てよね・・ほんとよ一人よ一人で待ってんの~♪・・? 五月みどり?(ちょっと古いけど) こっちも「毎度ありがとうございました」「ごちそうさまでした」も、やっぱヘンだよね。 ?????

何を云ってるんだかオレは?、バカだねぇ、今年もこれだから困ったモンです。  結局 入ってくるときは どちらも「こんにちは」、帰るときは「ありがとう」と「お大事に・・・」でよいのでしょう。

現役時代 オラの隣のデスクでアシスタントしていた新入社員の女性、元大学病院に勤務していたからか お客様が帰るとき「おだいじにー」と言っていたことがあった。「病院じゃねんだから」と、何度注意しても 癖はなかなか治らなかった。  どうでもいい話で長々と脱線してすみませんね。

 三ヶ月の「禁煙外来」は全過程を終了、息の検査も合格だった、ニコチンやCO2濃度の測定器まであるから現代はスゴイよ、ニコチン依存症?(ニコタマが本当だろ、チンは二個も要らない)、認定書か免許書くれないかなー・・と、冗談で云ったのに 先生は冗談通じるから 本当に「卒業証書」を作ってくれた、待合室に出てきて「これから表彰式を始めます・・・」「表彰状・・・あなたは・・云々」大きな声で読み上げてくれた、お客さん(患者)もスタッフも沢山いる、みんなで拍手してくれた、♪運動会の閉会式で流れるBGM チャーンチャーチャチャッ・チャン、チャカチャカチャ・チャ・チャーン♪・「勇者は帰る」・・、あの曲が流れてきそうだった。  病院で表彰されたのは生まれて初めてだよ、オレ優勝したわけじゃないけど・・ 超嬉しい、チョー恥ずかしいけれど 在り難く頂戴してきました。 みんな優しくて いい人たちばかりだ、あの状況を思い出すと感謝の気持ちでいっぱいになって、帰り道は涙出てきて困ったよ。

 これからが本番だ、このへんでは 禁煙外来の有名人になってしまったから 外でタバコ吸ったら みんなを裏切ることになる、責任重大、切腹モノである。

改めて宣言するぞ、オラ成人式までは絶対にタバコ吸わないぞ、酒やタバコは子供の頃に卒業するものだ。

Photo_9

てなことで 今年も更新励みます、冗談解る読者様に笑ってもらえるような 明るいネタを探して歩き続けます。  毎度余談が多くて長くなりました、禁煙とかわせみと、年末からお正月にかけて 良いことばかりが続いている、ひとりでハッピーやってすみませんけど 懲りずにまた遊びに来てくださいね、今年はこれから良いこと沢山ありそうな予感・・? 今年もよろしくお願いします。

Photo_2

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »