« 悠々自適 立春の頃 | トップページ | それでも生きてゆく(2) »

それでも生きてゆく

2012早春閑人独語

(1)MRI検査

何度聴いても どこで歌っても 涙になる曲がある。

♪せめて一夜の夢と 泣いて泣き明かして

自分の言葉に嘘は つくまい 人を裏切るまい

生きてゆきたい 遠くて汽笛を聞きながら

なにもいいことが なかったこの街で♪

オレ昔からこれダメなんだよな、 宴会の後のカラオケで熱唱していた頃は まだ涙まではいかなかったが 

時が経つほどに 今になって尚更 しみじみと味わうことが出来る

歌詞の意味が 心に沁みる。

アリスの歌が好きだから チャンピオン、サライ、昴、・・・皆カラオケレパートリーだけれど 名曲「遠くで汽笛を聞きながら」これが一番好き、 そうなんだよね、いいことなんかなにもなかった、それでもみんな 生きてゆくのだ・・・・ そこまで想うと 泣けてくる。  今でも風呂で唄うと泣けてしょうがない

11年3月11日、東日本大震災、これからの日本史年表に太字で書かれるほど 日本人にとっては特別な日、あれからもうすぐ一年、あの日はオラにも特別な一日であった。 診察室でMRIモニター見ながら“なにもありません、非常に順調です、 もうやるべきことはありません(病院として)、素晴らしいことです・・” 手術から三年間 ずっと診てくれた先生の「卒業宣言」だった。  

なんにもない・・?そうなんです、CTもMRIも 検査の画像は頭の外枠だけで いつも中身がなんにもない・・・、たらこみたいにゴチャゴチャと複雑な脳みそを期待していたが 素人のおいらには輪郭(骨)しか解らない。 

ヤンチャばかりで てこずらせた先生との思い出を反芻しながら 春の陽光が眩しい駅までの道を 涙拭き拭き歩いて・・・感謝の気持ちに溢れる 嬉しい幸せな瞬間だった。 

今日も生きている、みんなのおかげだ、  あれから一年、容赦なく通り過ぎる季節の巡りがありがたい、 時の流れに追い越されることが オラには素晴らしいことだ。 病院に向かって振り返り 心の中で深く頭を下げて、ちらっとヘンなこと考える、

神社仏閣へ行くと 神には「美しく死ね」と教えられ、病院では「強く生きて」と教える、??? オラにはまだ訳わかんねえ、結局はオラ強くない、脳みそもない?から 死ぬまで生きてりゃいいのだ。?? やっぱり解らない。  

年に一度のMRI検査、四回目にもなると ドームの中でペース配分できるようになってきた。

こんなことベテランにならなくてもいいのだが。 

長時間じっと動かない検査は辛い、医療設備は日々進歩しているから 将来はドームに入る前に何曲か登録しておいて 天井に歌詞がでる、カラオケボックススタイルのMRI検査機、しらふでひとりカラオケやりながらの検査なら 三十分くらいは楽しく過ごせると考えるのは オラだけではないだろう。 歌唱力磨くなら ほろ酔い加減の酒も呑めるのが理想、こんな提案すると 私は検査室出入り禁止になるってか?

伴奏は ガーガー・コンコン・・と やかましいだけで、リズムも音程も 合わせてくれない機械が ちと不満である。 今回はPOPS系から演歌まで ジャンルを問わず 好きな曲をメドレーで 口だけ少し動かして熱唱していたよ。  アリスの「遠くで汽笛」までやると涙になるといけない、検査室から泣き泣き出てきたら先生にまた心配掛けてしまう、 最後に威勢良く北島三郎「函館の女」を一発かましてみた。

「あとは追うなといいながら 後姿で泣いてた君を 思い出すたび逢いたくて と~ても が~まんが~~~・・できなか~~ぁったよ~~」

終わってベッドが外へ動いたとき 検査の先生に聞こえたのだろうか「がまんできなかった・ですか? 大丈夫ですか? がまんできない時は ご遠慮なくブザー押してくださいね・・どーも・お疲れ様でした」 そおだ、右手に呼び出し用のブザーを握っていたのだ、本当に辛かったら 無理することないんだよね。 閉所恐怖症の人なら数分でブザーを押してしまうよ。  

MRIの共鳴音がカラオケの伴奏になるような最新型が開発される時代がきっとくる、ネット通販会社の社長さんがTVCMで テンション高く声を裏返してPRするようになる。 「今なら なんと・送料込みで39,800円、限定三十台 特別価格ですよ・・・」一般家庭向けには喜ばれても その新製品を病院が導入したとしたら 患者側は検査の希望者が減る、 いくら景気悪いったって、こういうことで経費節減は 困りますよね。 オラたち現代人は夢のようなハイテク世界を生きているのだ、 まだまだ寿命を更新していかなければ・・・。

毎度病気の話題になり誠に恐縮でありますが お蔭様で大病から丸四年、脳外科の定期検査で 問題点が見つかったことはまだ一度もない、まだ一度も死んだこともないから・スゲエぞと自信もついてきたが いつも空っぽの脳みそだから悩ましい? 肉体的に問題あるのは 腰痛、膝痛、肩凝り、寒くなると痛む痔・・・方向違いの痛みばっかりだ。  

今度何かあったら 死んじゃうのかもしれないと弱気な自分が情けないが、 結局、無事に過ぎてきたことが 嬉しいんだね、この四年間、泣いたり笑ったりしながらも 今のところ順調に五年目を迎えたことを報告したいのであります。

Photo Sagi1

診察が済んでから おなかぺこぺこ、食堂でカレーライスに海老フライが二本乗った日替わりランチを残さず食べた。 入院中から でっかい海老が食いたかった、今に見てやがれ、元気になって アレを食いに来てやるからと 小さな目標を設定していた。 ベッドから抜け出して 本当にアレ食いに行ったら 病棟ではまた脱走したと大騒ぎになって 10人の若いナースに追いかけられる、トム・クルーズ、デカプリオ、彼らの苦労が よく判るよ。

アレは当方と致しましては 誠に貴重で有り難い体験でありました。

大病のおかげで オラあんなに幸せな体験ができた、口数も多くなった、云いたいことが云えるようになった。 趣味も増えた。 突然病気に襲われるのは「幸運」なことだった。 モノゴト良い方向に考えられるようになった。 脳みそないから複雑な思考をしないだけだ。

モテルのはイケメンの宿命、おいらとしては納得できるが それも楽しい思い出だが、人に迷惑掛けてはいけない と、 気を遣って我慢していた自分としては 最善を尽くした四年間だった。

検査も診察も終わり 昼前には食堂のショーケースの前に立っていた、五年目にして ついに目標達成、感謝の気持ちと満腹感で駅まで続くこの道に 今年もまたひとつ寂しさを捨ててきた。

病院から駅まで続く 何度も歩いた真直ぐな路、横浜の香りが抜けないこの街並木、 

立派なオフィスとお洒落な飲食店がごちゃ混ぜで、左に曲がればJRAウィンズもあるこの路が オラ好きだな。 来年もまた ここへ思い出を捨てに来たい。

このことを誰かに知らせたい、海老が大好物のななこちゃんに知らせたい、夜は布団の中から携帯で キュウリ丼の発明者・愛しい孫娘ななこちゃんへ「おやすみメール」 ところでオラも子供の頃はキューリー夫人て キュウリを発明した人かと思っていた。

 ななちゃん元気? もうごはん食べたか? お風呂入ったか?

爺ちゃんは 今日病院の検査行ったよ、脳みそないから 悪いとこなにもなかった、チョーでかい海老二本乗ったカレー食べてきたよ、チョー美味しかったよ、今度一緒に食べに行こうね・・・

四月から中学生、勉強頑張れよ、風邪引くなよ、

 良かったね、そおだったね、脳みそなかったんだよね、

 そぉだよ あんたと同じだよ、脳みそないから大丈夫だったよ

 むかつく(怒)、あんたに言われたくない、ななは脳みそあるし・・・

 そか、少しはあるのか、大事にしてね、もう寝るからね おやすみ、また明日ね。

 うん、脳みそは勉強に使うよ、おやすみ 。・・・

                      唐突で失礼ですが まぬけなところで中断?(今・地震がきたから・こんなこと? やってらんねぇ?と、電源切らなくちゃ! 毎日騒々しい世の中である。これだから最近疲れるよ、オレだけじゃないけどね) つづく

|
|

« 悠々自適 立春の頃 | トップページ | それでも生きてゆく(2) »

ぢじょでん」カテゴリの記事

コメント

posiさんも三年もやってたか、何も見つからなくて 良かったね、
そーなんすよ、鼻が痒くなると辛いのよ、オラおしぼり持参して 着替えてから 先ず顔を拭いたな、鼻が詰まるのも困るから鼻もかんで、直前はオシッコも済ませて、ベテランになると準備も万全になるよ。手術は眠りながらやれるから楽だけど 目が覚めてる検査は なにかと大変ですよね。  将来名医が現れて 頭なでたり叩いて音響検査で中身のモニター作れるかも? スイカの選別じゃないってか。  お蔭様で お互い無事でなによりです。  これからも 頑張ろうぜ、 なんにもなしの記録更新・長く続けていれば いいこと必ずあるから、脳みそないから かなり有利な条件ですから・・・

投稿: myway0014 | 2012年3月 4日 (日) 04時49分

検査無事で良かったねヽ(´▽`)/
オラも昨年、3年目の検査終了で、これからは2年に1回の検査だ。
MRIは多分つらいよね。
鼻の頭が痒くなりそうでね(笑)
オラは検査の間、瞑想するので、ピクリとも動かないし終わった後も気持ち良い。

投稿: ポジ | 2012年3月 3日 (土) 10時35分

ムーセンセイ いつもありがとうございます。 この四年間、不景気、地震、洪水、大雪等 社会的には色々ありましたが 自分的には神経痛、痔の復活くらいで、 お蔭様で まだバカ云いながら生きています。 更新もこまめにできるようになりました。 森の散歩道は 緑の新芽が伸びています。 春はもうそこまで来ているようですね。  

投稿: myway | 2012年3月 1日 (木) 03時33分

4年間何も無くて 順調でなによりでした、喜ばしい限りですね。
                    むらかみ

投稿: むらかみ みねあき | 2012年2月29日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/44290879

この記事へのトラックバック一覧です: それでも生きてゆく:

« 悠々自適 立春の頃 | トップページ | それでも生きてゆく(2) »