« 2016年3月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年7月

翼よ あれが巴里の灯だ

1927年5月20日、ニューヨーク ルーズベルト飛行場を飛び立ったプロペラ機 スピリットオブセントルイス号が翌日まで一昼夜かけて大西洋を横断 フランス巴里のル・ブルジュ空港に到着、無着陸で人類初めて大西洋横断飛行に成功した チャールスリンドバーグの伝記映画、ジェームススチュアート主演。  日米の太平洋戦争がはじまる15年も昔の時代だから
無着陸で大西洋を渡る航続距離の新記録!当時は大変な快挙だったのである。
リンドバークが帰国後 マンハッタンでパレードしたり英雄扱いの大騒ぎになった。
この映画は小学校の時 学校で観に行きました。  映画くらいしか情報源のない時代だったし、教科書で学んだことは忘れているが 半世紀経った今でも ちゃあんと映画の内容は記憶に残って なんとなく勉強になっている。
子供たちは喜ぶし 教育的な映画を鑑賞させるのも 案外良い方法かもしれない。  歴史事実、歴史認識、道徳・・など、先生の口からではなく 子供自身の感性に委ねる・・・今どきの学校では こんなことやってるのだろうか。
「砂漠は生きている」「喜びも悲しみも幾年月」「黒澤明・蜘蛛の巣城」、なにを観に行ったかまで覚えてる子もいるから・・・・・学校でいかなくても 友達と自主的に観にいった映画、明治天皇と日本海大海戦、「皇国ノ興廃コノ一戦ニ在リ 各員一層奮励努力セヨ」・・・・このあと軍艦マーチが流れて、カッコいい〜と心踊らせたのである。
現代の平和主義教育と逆行するこの台詞を、小学生のガキが覚えてしまった。  今どきこんなガキがいたら凄いよ。  日露戦争は教科書で学ぶが 東郷平八郎まで覚えたガキもいるのは 映画の場面が興味深く記憶に残るからでしょう。  
神風特別攻撃隊、七人の侍、・・・・ 男の子だから こういうのが好きなんだね。
笛吹童子、鞍馬天狗・・・子供らしいのも随分観に行ったよ。  「風と共に去りぬ」「七人の侍」ここらは大人になってからでも もう一度観てみたいよ。 
歴史事実と認識は違う、現場にいた人はいないのだから 本当のところは どうだったのか、現代に伝わる話と現実は違うことも沢山ある、 嘘みたいな話が沢山ある。  現代人には意味判らないのも、
Photo 例えば昔から歴史の教科書には必ず出てくる 誰もが一度は見たことあるフランス革命、ドラクロアの有名な絵画、民衆の先頭で旗を掲げる自由の女神、  この絵見るたびに思うのは 戦闘中なのにおっぱい丸出し、戦闘準備になってないよ。 これだから革命軍が奮起した? だからって、どうでもいいことだけどね。
酷い話もある、マリーアントワネットの言葉「民はパンが食べられないならケーキ食べればいいでしょ」、 なんと世間知らず、暗愚な話である。  ベトナム戦争、サイゴン陥落のとき、大統領公邸には大統領夫人の靴が三百足もあったらしい。 ベトナム人民は靴を履いている者はいなかった、皆はだしだった。  こんなんじゃ戦争にもなるよ。    権力者と国民の格差が大きいほどもめごとになるのが人間社会である。  日本の徳川時代、絶対的権力者家康の死因は 鯛の天ぷらを食べて体調崩した、 蛋白質は 煮干しくらいしか食ったことがない、子供の頃から粗食で 鯛の天ぷらなんて生まれて初めて、米の飯も満足に食ってない。 ろくなもの食ってなかったからである。 同じ独裁者でも 家康のほうがずっと庶民的だよ、というか セコイ、現代の政治家が回転すしで百円の大トロ食いに行くようなもの、寿司くらい自分の金で一流店で食えばいいじゃん、この日本人の伝統的セコイところが情けない。
歴史のネタならなんぼでもあるから かなりいい加減だけど この先時々面白そうなの選んで公開するよ。    古代から現代まで 世界史も日本史も いろんなことがあったから 現代の このろくでもない世界でも色々あるが 人間は皆なんとか頑張って生きているんだね。
「翼よ あれが巴里の灯だ・・・」後になって脚色しているから歴史的名言は大袈裟で皆かっこ良く後世に伝えられるようになっている、感動的な映画だったよ。  実際に現場では どんな会話があったか・・・それまで調べたら身もフタもなくなるが、リンドバークさんは目的地の巴里飛行場を通り過ぎていたことに気がつかなかった。  着陸してから 飛行場のスタッフが沢山集まってきた。
その時 最初に云ったことば 「すいませ〜ん・・・トイレはどこですか」 
 
また余談になりますが アメリカの空港は大統領の名前、地域の功労者等 街、橋、駅、建物、公共物に人の名前をつけることが多い、 偉い・凄い・と思った人気者をとことんリスペクトがアメリカ人気質なのでしょう。
 最近ではアメリカ海軍空母が大統領ばっかりになってきたよ。
大統領以外でも 昔からあったエンタープライズ、キティホーク、インディペンデンス・・・かっこいい名前つけるよ。 インディペンデンスが おいらにはディープインパクトに聞こえるのは なんでだろ?   ジャズの発祥地ニューオリンズは アームストロング空港、LAにはロングビーチ空港とハリウッドの元祖喜劇俳優ボブホープ空港がある。  ボブホープのために 同じ都市に二か所の滑走路を造ってしまった。 近い将来 シアトルかフロリダもイチロー空港と呼ばれるようになるでしょ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年10月 »