« 翼よ あれが巴里の灯だ | トップページ | 爺さんは拳銃を持っていた(2) 俊佑さん凄いんです »

爺さんは拳銃を持っていた (Ⅰ)

Cleef
lee van cleef
冒頭から 怖いおっさんの写真を出して失礼いたします。
リー・バン・クリフ・・・・・夕陽のガンマンのモーマティ大佐、鋭い眼光、射撃の名人、
どう見たって悪役専門のキャラ、 ゲーリークーパー「真昼の決闘」で最初に撃たれた悪玉のひとり、
ガキの頃、最初に観た西部劇、それ以来おいらも西部劇ファンになってしまった。
主題曲ハイヌーン「♪ドゥーナットフォーセイクミー オーマイダーリン・・・」が日本中でヒットして皆が口ずさむ、「俺を見捨てないでくれ、殺し屋たちは12時の汽車で来る、結婚式の日だというのに この町には協力者がいない、俺は保安官、勇者でなければならないが 愛するあなたまで離れてしまったら 俺はどうすればいいのか・・・・ホワットウィルアイドゥー イフユーリーブミー」四対一の不利な決闘だが 彼女への恋心で悩む情けない保安官の物語。
 
クリフはこの時三十そこそこの若さでチンピラのような役、「夕陽のガンマン」で主演するようになったのは五十歳くらいだろうか、映画の本場ハリウッドは一人前になるまでの下積みが長いです、  同じ「夕陽のガンマン」シリーズで善玉役をやったクリントイーストウッドは デビューの頃 テレビの人気ドラマ「ローハイド」のロディ、若きカウボーイの役だった。
ダーティハリーの頃には もう還暦くらい、現在ではカリフォーニア州で政治活動家、アーノルド・シュワルツェネッガー(シュワちゃん)も今ではカリフォーニア州知事、政治家になってしまった。  もしかしてシュワちゃんが将来大統領になったら コマンド部隊の隊長も兼任するかも、  ハイヌーンのグレースケリーはモナコの王室へ嫁に行ってしまった。  これらのことを知っている人は私と同じ世代、かなりな20世紀ミーハージェネレーションである、おいらもミーハー爺だけどね。
最初から長々と映画の話に脱線してしまった。
このリーバンクリフの大ファンでお洒落な爺さん、俊佑さん、会社の相談役、我が人生の恩師として尊敬する上司、  この人だけには頭が上がらない、 腹を割って 何でも相談できる、仕事のことは勿論、自分の家族の問題まで 誠実に話を聞いてくれる、若い頃から部下のためなら自分を犠牲にしても とことん面倒見る、いざというときは大きな権力にもひるむことはない、同業者の会合で大企業の社長を叱り飛ばすこともある、己に厳しく人にやさしい、この姿に対して こちらも次郎長に惚れた吉良の仁吉のように 忠義や男気を貫いてみたいと真剣になれる。  こんな先輩がいたから自分の人生は幸運であったと 今更ながらに感謝している。   要するに 後輩からみて長所を見つけてもらうことでリスペクトの対象となる人物、後になって 感謝の気持ちが湧いてくるような先輩が何人いるかで 自分の人生の重さに納得できるようになる。  価値観を共有できるる人物、こういう人がいると良い。  反対に 人の悪口ばかり云う人、欠点ばかりを追求する人は 悪口を言った分だけ 本人も人から悪口言われてる人になるのである。  簡単にいうと 後輩に優しく指導する人は 後輩から将来必ず慕われ敬愛されるのであります。
人間社会とは単純なものである。 優しさは優しさで必ず戻ってくる。 
自分の未来予想図を思うとき あんなかっこいい爺になりたいなと お手本になるような人物、我社のレガシー、 痩身で顔までクリフに似ている凄い爺ちゃんである、     ちなみにオレは近所の病院では福山雅治に、新横浜ではブラッドピットに間違えられる、 ブラッドピットさーん・・・と呼ばれて 素直に「はーい」と返事ができる。    鏡見た時 トムクルーズかと思ったら なあんだ俺じやねえかと 自分でも間違えることがあるくらいだから。  イケメンは忙しいのだ、 偽名ではない、騙すつもりじゃない、勝手に間違えられるから 別に問題ないんじゃねぇの。  但しこれやると子供扱い、リスペクトはないけれど 和気あいあいなら平和。   なんていうかあれは おいらの「源氏名」だな。  此のたびは 格好いい凄い爺さん 俊佑さんのエピソードを語る予定だったが また長くなるので本編は次回に。・・・・・・・ この度は予告編(視聴率上げようとして)
 ・・・・こんな感じで話をまとめたつもりであるが、毎朝三時に起きて こんなことやってる、
みんなは普通じゃないというが 私にとっては規則正しい生活、 体内時計には個人差がある、バカは長生きできそうである。  バカは幸せですよ・・・・・

|
|

« 翼よ あれが巴里の灯だ | トップページ | 爺さんは拳銃を持っていた(2) 俊佑さん凄いんです »

こんなのが好き これキライ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/68077683

この記事へのトラックバック一覧です: 爺さんは拳銃を持っていた (Ⅰ):

« 翼よ あれが巴里の灯だ | トップページ | 爺さんは拳銃を持っていた(2) 俊佑さん凄いんです »