«  スタンダールとオニヤンマ  その二 | トップページ

平成相対性理論

Photo_3

「ジュリアン・ ソレル・・・・だったかねぇ ?」

赤羽のお婆ちゃんが 自分の青春時代を回顧するように ぽつりと一言。

爺ちゃんは 婆ちゃんの こんなところが好きだったのかしら・・・と、自分も大人になってから 思い出すことが 何度かあった。  

婆ちゃんの家には 小さいが 垣根に囲まれた庭があって 百日紅の花が満開だった。 

百日紅は 夏の花、咲いている時期が長いから 100日くらい緑の中で赤い花が目立つ、

だから百日紅(100日の紅)と書くんだよ。  紅一点・・・というのは男の中に女の子がひとり・・・・・で、モテモテのことかと解釈していたが 雑木林の中でザクロが赤く咲いている の意味だった。

 

 

 

|
|

«  スタンダールとオニヤンマ  その二 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/72126963

この記事へのトラックバック一覧です: 平成相対性理論:

«  スタンダールとオニヤンマ  その二 | トップページ