« 高齢者福祉論 (2) ロングインタビュー | トップページ | 閑人独語 立春の頃 »

高齢者福祉論 (3)今が幸せ

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
インタビューのつづきです。  喋りだしたら止まらない、書き出しても止まらない。
読者の迷惑顧みず 長編になるから 今回のお話を三つに分けました。
 
問2 あなたが二十歳の頃 当時の高齢者は どんな暮らしをしてましたか
問3 あなたが二十歳の頃の生活と 現在の生活と どっちが良いとおもいますか
なっちゃん ありがとう、いい子だねぇ、これまた よくぞ聞いてくださった。
 
二十歳がいいに決まってる、 知識や考え方、人との対応、ボキャブラリ等は 今のままで 見た目、可動性、肉体的には二十歳の頃が一番幸せ・・・・
早い話が 爺になると 見た目ブサイクだし、アレができなくなった からだろ・・と、
不良オヤジ仲間には云われる。 
 そりゃ私も解ってますけど そういう品格に関わる会話は 今年から謹んでいきたいのです。  
 
タイムマシンがあれば 戻りたいのは二十歳の夏、 あの時「I  LOVE YOU」を言ってたら おいらの今は違っていたかもしれない、 二十代は 人生の第一次黄金期・・・。
今は 見境なく言い過ぎ・・・? 初対面の女にも告白しそう? それじゃ 唯のヘンタイじゃん。
千円もあれば 二人で映画観て、カレーライスくらい食べて 喫茶店で話し込んで、そんな程度のデートができる時代だった。  
年寄は今のようにディサービスとか看護師の訪問とか 行政の支援がない、 爺婆は 外であまり見かけない、皆子供と孫と、三世代が同居して、 畳の上で 子供たちに看取られて逝くパターンであった。   畳の上で死ぬ・・・老人の理想?、 戦争や感染症、世の中が安定していない 戦後の貧しい時代だったから。 
福祉行政は今の方が進んでいる、家族の絆は昔の方が・・・? そのへんはオレらが心配することではない、 自分で自分の心配してる。
二十歳で出逢った現在の奥方殿とは 一晩中語り明かした、二人は同じ方向を見ていた。  会社では 美貌のオーエルが 今では腰の曲がったオールドレディ、 朝の薬飲んだっけ・・・・、今朝オレ うんこしたっけ?・・・知るかそんなの。  時の流れは残酷である。
時々音がしなくなる、部屋の中を探し回る、トイレにもいない、布団にも入ってない、 どこかで倒れてたら?・・・生きてるの? と探し回る ボケ爺とボケ婆が仲良く老々介護なのです。
青春回顧録は 挫折の話題が多かった、 でも 今は違う、 病気も挫折のうちならば 失敗も成功も 良き思い出になる。 失敗を糧にして子供は向上する。  挫折のない人生なんて ホームランのない試合みたいなもの、 ワサビ抜きの寿司だ。 強いライバルがいたから 自分も強くなる。
 
野球の先生してたころが第二次黄金期かな、四十代のカラオケ世代、毎日二日酔い、挙句の果てに急性肝炎で入院。
あの時逝けば 向ヶ丘少年野球連盟葬、盛大な葬式ができるチャンスだった。 
 ところが しゃあしゃあと復活して 決勝戦でスクイズバントしなかったことに まだ未練を引きずっている。  バントで一点取る練習してこなかったから 優勝争いの常連に成長したのだ。  自分の哲学を曲げなかっただけだ。 今でも夢に出てくるあの瞬間、忘れられないあの一球 あの場面が沢山ある。  川崎市のトップよりも全国大会を目指す 、更にその先には 世界がある。 リトルリーグワールドカップがある。  ホームランで10点とるチームにしたかったのじゃ、文句あっか。 
平成20年二月、脳出血で入院してからが第三次黄金期である。  あれ以来怖い者がない、 怖いのはカーちゃんだけである。  
思ったことが何でも本音で云える、嫌なものは嫌と言える。 悲しみ堪えて微笑むよりも 涙枯れるまで泣くことができる・・・! タガが外れてバカになったのかも。   命が惜しくない者は無敵である。 
去年はお正月から 半年近く 自宅で寝込む(在宅入院)激痛を体験した。
病床の窓から見える青空が 痛いほど青く、情けなくて涙溢れたとき、かわいい訪問看護師ゆみちゃん美和ちゃんが 足を揉みながら一緒に泣いてくれた。  
死んだ方がましだと思う日もあった。     
この頃は もう死んでやらないことにした。  痛ければ生きている証し、朝起きてどっこも痛くないなら ここはあの世かもしれないからね。  痛い分だけ長く生きてやる・・と思うことにした。  神様は簡単には逝かせてくれない代わりに 痛みだけはお土産に残してくれる、 上等じゃねえか、 痛ければ 命が保証されている。  
たばこも酒もやめて 規制ばかりで なにをあくせく 毎日苦労しているのか、 痛くないなら死んでもいいと 云いながら やってることは 生きる努力ばっかり。   
今の目標は 府中東京競馬場で 一日遊ぶこと、きれいなうちにおだやかな顔で逝くこと、
 人生最後の夜は 美味しいもの食べて 美味しいお酒飲んで、おっぱい触りながら眠りたい、・・・また始まったかと 変な意味にとらないでね、オラ純粋におっぱいが好きなだけ、男なら皆同じことを考えてる、それを正直に言葉にしているだけ。
明石家さんまさんも同じこと言ってた。  男はかわいい生き物なんです。 
お正月はバカでもチョンでも 必ずやってくる、もうすぐ後期高齢者・・・やだねったら やだね・・・・。  
 
アバウトミーになると 情けない話になる、  夏ちゃんの論文で教えられた高齢者認知症改善に回想法という治療法があるらしいです。 二十歳の思い出を語ると 楽しそうに生き生きとしている・・・。  オラ 大丈夫だよ、 毎日笑顔だから、もともとボケだから これ以上ボケることはない、 若い頃からしっかりしている人はボケる確率が高い、 オラ元々ハチャメチャだから 今 しっかりしている。  おいらの脳は記憶の塊、百科事典並である。ところが最近は 二十歳の事は回想できるが きのうの晩御飯何食べたか覚えてない? オレ大丈夫かな、回想法 一度やってもらいたいです。 
死なないなら 昨日のことは 今から五十年後に思い出すかもね。 
 いつも目標がある、夢もある、 人は死に方にまで目標がある。
今どきの学生は偉い、 オレらの頃よりずっと偉い、 優しい心を持っている。 ちゃんと勉強している、 なっちゃん 医系だけれど レポートうまくまとめて 文系の素質もある。
もうすぐ成人の日ですね、 新成人おめでとうございます。   私も成人式行きたいけれど 振袖がないから・・・やめとくわ。
立派な成人、社会人になって、今あなたは青春の真只中、 これから始まる楽しいことも辛いことも 五十年後まで記憶に残るような インパクト強い経験が 人生の宝物になりますよ。   自分のポリシーを実践すればいい、 三振したっていいじゃないか、力いっぱいフルスイングしてれば 間違ってホームランになることもある。
ありがとう なっちゃん、気安く名前で呼んでごめんね、 とても楽しく読ませて頂きました。
気が付けば爺になっちゃったけど ボクは今が幸せですよ・・・・
 
 
 

|
|

« 高齢者福祉論 (2) ロングインタビュー | トップページ | 閑人独語 立春の頃 »

こんなのが好き これキライ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
夜中の一時、随分おそくまで活躍して お元気そうで何よりです。
自分の場合は 今朝は三時に起きて(早く寝るから・・・ですけど)朝風呂沸かして、ごはん食べてこの時間にパソコン開く、 最近は シナトラのマイウェイを英語バージョンでマスターしようと 早朝から一人カラオケです。
近所迷惑にならぬように 音声気ぃ使いながら・・・。そのあと囲碁ソフトと朝の一局、情けないことにミスが多くこの頃6連敗中です。  体調気力充分な時は勝てる、心身不安定な時は負けたりする、勝負師ではないから 唯の意地張りで、たまに 対局しながら逝くなら本望?と、 いい歳こいてこんなことやってられるから なんとか元気しています。
基本的に病人ですけど、日に日に寒くなるようで、信天翁さんも 風邪などひかぬようご自愛ください。 近況ですが なんだか年寄ぽくてすみませんね。

投稿: myway | 2018年1月11日 (木) 06時43分

ご無沙汰です、久しぶりに訪問いたしました。
確かに若かったあの頃にと。。。私も思っている近頃です。

幸か不幸か後継者が育っていない私の場合は会社出勤が毎日ありますから
逆に家族からはお父さんその年になればもっと人間枯れなきゃだめですよ
位に言われてます。肉体的にはとっくに枯れているんですがねぇ
家族から見るとまだまだうるさいオヤジなんですね。

10年以上健康診断をサボっていたので暮にしてきました。自信過剰と言うより逆に診断が怖かったというところが正確ところでしょうか、結果は年相応に随分くたびれているようです。
大事に至らないように再度検診となりました。

少しショックですがまあそこはずぼらな性格、従来よりは少し気を使いつついこうかなと思っています。

又訪問させていただきます、こちらにもお出かけくださいね。
失礼いたします。

投稿: 信天翁 | 2018年1月11日 (木) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73843/72598887

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者福祉論 (3)今が幸せ:

« 高齢者福祉論 (2) ロングインタビュー | トップページ | 閑人独語 立春の頃 »