« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月

ろくなもんじゃねえ横浜③ 紫陽花の雨 

6月16日土曜日、 朝3時に目が覚めて、 テレビでロシアワールドカップ サッカーのライブを観た。  スペインとポルトガルの試合。  オラはサッカーに興味もないし、ルールも知らない素人だけど 凄い試合だったよ。  ロナウドのプレーを直に観たのは初めてだつた。
流石は世界最強同士の戦い、 みんな上手い、シュートが速い・・・ めっちゃ上手い選手が全力でプレーすると オレみたいな素人でも感動するよ。
サッカーを観て いつも理解できないのは 例えば 同点で時間切れ、PK戦になったとき、一時間半も走り続けて PKで決着つけるなら 選手は疲れてしょうがないだろ、実力互角なら最初からPKやったほうが 楽だと思うけどな。  
少年野球も 時間切れ引き分けの場合は ジャンケンで勝敗を決める。
大会ルールだから 文句言えないが、負けた時に 明日からジャンケンの練習もしようぜと子供たちを慰めたこともあったっけ・・・・?
更にサッカーの場合 気の毒なのは審判、選手は交代したりで休むこともあるが 前半後半、更に延長戦になっても 審判だけはフル出場で走りっぱなし、 だから 選手よりずっと疲れるよ。
このことを サッカーを知っている若い世代に云うと バカにされるけど、オラにはやっぱり理解できないから 困ったオヤジだぜ。 
そんなことは置いといて・・・ 5月15日 裏の垣根のアジサイが咲き始めました。  
2007_03156130106
アジサイを見ると 何故かカメラを向けてしまう。  最初は薄い黄緑から始まって、白、ピンク、紫、濃い青、花の色が変化するから アジサイは七変化、清少納言なら「いとをかし」なのである。  ウグイスの唄を聴きながら アジサイを眺めるのも これまた いいもんですね。
そうだ 今日は母ちゃんの命日だ、 仏壇に線香をあげて・・と、 また母ちゃんを思い出す。   何時まで経っても 甘えん坊の爺である。
◆近況 僕はバカになったかも
①この頃 老化を感じることがある、 無駄な動きが多くなっている。 
万有引力を日々実感している。   薬を飲むとき錠剤が指先からポロリと落ちる、足元から転がって どこへ行ったかテーブルの下を探す、物が手から落ちやすい! 財布は落とさない、落ちてたら拾うように心がけているが 未だに拾えない・・・。 
②毎朝の人工頭脳(囲碁ソフト)との対決、疲れて疲れて しょうがないよ、 
 今どきのソフトは学習能力があるらしい、 隅の小目に一間に掛かってきたから 二間高はさみ・・・・(村正の妖刀)難解な定石にも ちゃんと正しくついてくるから どこで憶えたの?と 驚くことがある、 相手はマシンだけれど これは良き碁仇ができたと まるでお友達である。  今年は略互角である。  それだけオレがバカになったのかも⁈  
③髪の毛抜ける、気力、体力、記憶、集中力、皆抜ける、抜けないのは疲れだけ・・・・。 朝から夜まで 一日中、なにをするにも 疲れてる、 
そろそろ寿命か⁈ 楽に逝けるなら 来週でもいい、大病から今年で十年経った、まだ生きて能書きたれてる。  バカは長生きするとは言うけれど 日々病院のはしごをして 何故か生きる努力だけは欠かさない。  
朝から夜まで足腰痛い、痛いけど笑顔で歩く、 昨日の朝は いつものクリニックへ入っていくと 受付のスタッフが皆笑う。 何が可笑しい、人の顔みて 笑うとは失礼でしょ、オラまだなにもギャグ飛ばしてないのに、 今どき入場しただけで笑いをとれる芸人はいないよ。  あんな顔に笑われて悔しいですよ、こっちが君たちの顔みて 笑いたいですよ  と反論したけれど 新しいサングラスかけたから 表情が判らない、どこ見てるか分からない、なんかやらしい・・・・それなら オラ 変なとこじっくり見るよ。
若いと変なおじさんになるが 爺さんだと笑いで済まされるから生きていて幸運だったと思う。
雨降りだと 痛い痛いと云いながら歩く、 雨にも負けず痛みにも負けず 毎日いい根性してるよ。  オレに「根性」なんてものはないのに まだ朝起きると生きている。  意地と見栄と 力石徹並の 稀に見る自尊心で歩いている。
とりあえず 息をするのを忘れなければ すぐに死ぬことはないのである。
梅雨入りと同時に ウグイスが鳴きはじめました。  横浜のウグイスは季節外れ⁈
今年も台風がぞろぞろ発生している。
六月の雨は寒いですね、 雨・・・、横浜市民になってから この辺は雨の多いところだと辛い想いになる。  
地震、台風、洪水、雷、 あの大地震のころから 毎年雨ばっかり降りやがる。。雨は嫌い、雨が好き・・・という人は性格悪いんだよ。  
雨が降るから 乾いた土に命が芽生え・・にっこり花が咲く・・・おじゃる丸⁈       
雨が降るから お米が食える、花も咲く・・・悟ったような考え方が できない。  
昨日飛んでいた白いチョウチョや 羽化したばかりのトンボやセミは音をたてて降りしきる雨の中 どこに隠れて辛抱しているのだろう。  雨が降って喜ぶのはカタツムリ、ナメクジ、蛇にカエル、ミミズに毛虫?・・・人間には嫌われる軟体動物、ろくなもんじゃねえ世の中に必要のない生き物ばかりじゃねえか、 彼らを砂漠に移民させたら どうやって生きてゆくのか、すぐに死んじゃうよってか? いいんだよ皆絶滅しても。
雨は要らない、オラには一年中晴天の国が理想である。  水不足も困る・・・ってか?
大丈夫、海水を淡水に変えるくらいのことは 人間にはできる。  海水の塩分は砂糖を混ぜて中和して、ミネラルウォーターができるよ。  漫画的な発想で 簡単だよ。
痛いものは痛い、寒い時は寒い、   雨に向かって ふざけやがって ふざけやがって コノヤロー・・・である。
たまには 文句言ったっていいじゃないか 人間だもの・・・相田みつを ⁈
◆近況報告 追伸 
①ゴミ箱へゴミを投げると ゴミ箱が倒れて 中身をかたずけている。 コントロールが悪い、無駄な動きを省こうとして 余計な仕事が増えている。
②薬を飲んだかどうか 忘れる、 
それを防ぐために お薬を 朝昼夜に分包したカレンダーを壁に貼って 部屋のインテリアになっている。   
薬局のみどりちゃんが オラのかかりつけ薬剤師として 薬の管理をしてくれる。  
そろそろなくなるから処方箋貰ってきてねと、 教えてくれる。 因みにお薬カレンダーに痔の軟膏も飾るから これがおいらの部屋に相応しいインテリアである。
③六月一日 鮎の解禁日、 阪急デパートの地下で初物の鮎を売っていた、 塩焼きにして食べようと 自分で焼いてみた。  煙に火災報知器が反応して 「火事です・・・」ピーピー サイレンが鳴って 放っておいたら だんだん大きくなる、外にまで聞こえたら 消防署まで来てしまう。  これには焦った、天井近くの高い位置にあるスイッチを切るのに 椅子を踏み台にして かなり迅速に行動した。
④6月8日 今度は刺身用のタコの足を ワイルドにかじってみた。  春先に治療した虫歯の個所が痛くなった。  アポなしで歯医者に駆け込んで すぐに治療。  酒もタバコも 女も やめて、女は止めてはいないんだけど チャンスがない、あっても何もできない・・だけだ。  老人とは淋しいものである。 せめて、歯くらい元気で好きなものなんでも食いたいよ。  その次の日は 毎年定期的にやってる胃カメラの検査、先生と一緒にモニター見ながら説明をきいて、きれいな状態でしたよ、 顔よりも胃の中の方が綺麗である。 
顔にはこの頃自信がなくなった。  シミ、ほくろ、湿疹、ニキビ?  あばた、 汚ったねえお肌である。  顔のトラブルだけは許せない、すぐに対処したい。  おいらには顔がいのちだから。
去年は目の上のイボ とってもらった。  あばたもえくぼと云うけれど 冷静に見れば あばたはあばた、しわはしわ なのである。 汚ったねえ爺には なりたくねぇ。  少しはキレイな顔になりたいよ。
そして昨日、6月29日、関東甲信地方が梅雨明け宣言、早!・・・。 6月に梅雨明け?最速である。  ウグイスは毎日頻繁に啼いている、 ウグイスは夏に啼いたって、いいんだよ、  こういうふざけ方なら いいのである。  ふざけやがって、ふざけやがって、コノヤロー、ウグイスはいい、一年中ふざけててもいいよ。
 
              更新も疲れる、 ここらで小休止。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »